カテゴリー

政治 (181) ためになるサイト (152) マスコミ (129) リスク管理 (128) 哲学 (125) 心理 (122) 戦争 (114) 教育 (114) セキュリティー (95) 洗脳 (90) 歴史 (76) 経済 (67) Windows (63) 脆弱性 (61) 健康 (46) 科学 (44) 事件 (42) おもしろサイト (41) 事故 (41) 病気 (39) 原発 (30) 宗教 (30) 金融機関 (20) 災害 (17) 現状報告 (5)

2017年5月18日木曜日

悪用厳禁?

「痴漢事件」なんて、たまには変わったお題もいいでしょ。

筆者自身は99%車で移動するヤツなのであまり関係ないことなのですが。。。
痴漢容疑で線路を逃げた男の話題がニュースになっていたのを記憶している人はどのくらい?

まぁ、たまーーーに電車に乗ることはあるので記憶しておこうとか思い、ついでに皆様にこの話題をお届けしておきます。

とある女性のつぶやきの内容がおもしろい!!
因みに、これはツイッターの画面で下から読むのがルール。


男性陣、ホントに悪用厳禁ですよ!!

落ちは下に続く












たださ。。。。「いえ!!下半身じゃありません。バストにあんたの肘が!!」と反論された場合はどうすんだ??
↑の告訴は女性の悪用厳禁ね!!

悩みの尽きない男がぶつぶつ。

おあとが、よろしいようで。

2017年5月17日水曜日

iPhoneを含むAppleのセキュリティ情報

珍しくMac関連のUpdate情報をご提供します。
MacPCは使って居なくてもiPhoneやiTunesを使っている人は多いでしょう。

iOSとmacOS、OS X、watchOS、Safari、Windows版のiTunesとiCloud、tvOSを対象とするアップデートが公開された。

米Appleによるセキュリティ情報--------------------------

iPhoneやiPad向けの「iOS 10.3.2」(iPhone 5以降/iPad第4世代以降/iPod touch第6世代が対象)では計42件の脆弱性を修正。

Windows向けでは「iTunes 12.6.1」と「iCloud for Windows 6.2.1」が公開された。
メモリ破損の脆弱性が修正されている。

------------------------------------------------------------

以前はMacユーザーはWindowsと比較して安心と思われていた時期がありました。
しかし最近、雲行きがあやしくなりつつあります。

該当する人はお気をつけてお使いください。

2017年5月15日月曜日

ランサムウェア関連情報

現時点で確認されているというランサムウェアはメールに添付されたファイルを開封することで感染する。

IPA(情報処理推進機構)の情報はこんなところ。

不審なメールはプレビュー画面にすることも避けたほうが無難かと思われる。

追記するなら不審なメールに添付してあるネットへのショートカットなどもクリックしないのは鉄則なので守ったほうが良い。

予防措置として普通の人が出来る手段

WindowsUpdateが最新になっているかの確認

以下のUpdateを確認する
使用するブラウザがMicrosoft以外の場合はそのブラウザ
JAVA
FlashPlayer
QuickTime
AdobeReader

詳しい人はルーターのファームウェアも最新のものに置き換えることもオススメする。


現時点でWin7 64bitに5/13日付けでUpdateが入っている。
これはInternet Explorer11用のものだが、今回の騒ぎに関連しているのか不明だが予防措置で適用がオススメ。

尚、現時点ではWin10では問題はないという。

異例ではあるがサポートを終了したXPのマシンまで対応しているらしい。
下のリンクはInternet Explorerで見に行くこと
http://catalog.update.microsoft.com/v7/site/Search.aspx?q=MS17-010

つい先程見に行ったらものすごい混雑ぶりだった。

更に追記
これもPCを使う上での鉄則ではあるのだが、皆さんが作ったデータや必要なメールはバックアップを定期的にとっておきましょう。
いざという時の保険になるのです。


2017年5月10日水曜日

WindowsUpdate 05/10

今回のUpdateの注意点

確認マシン
Win10 13台
更新個数3-8

Win7 7台
更新個数 4-9

今回Updateの報告が遅れたのには以下の理由がある。

注目点は以下のとおり。
通常ではAM3:00程度を目安にUpdateが入ってくる。

今月は異例なのかこれからこうなるのか不明なのであるが、なんとAM2:00に公開されていた。
ところが、その後、確認したら別の更新が入っている。
出来次第?Updateを公開するようになったとしか思えない挙動を示した。

それから同じ環境のPCでも違うタイミングで更新が入ってくることを確認。
多分UpdateServerの不具合かと思われる。
今までは比較的安定していたWin10のUpdateの個数にもばらつきが発生。

注意点は以下のとおり。

Win10のUpdateが全部いっしょに入らない。
KB401972が後から入るPCが見当たる。

その為、一度Updateの確認をしてから、再度Updateの確認が必要。

また、一部のPCではKB401972のインストールに失敗する。
この場合は一度シャットダウンして再度インストールすれば良い。

それでも失敗する場合は電源を入れておいて、暫く放置してから再インストール。
このようなPCはほとんど使っていないPCに見られる症状なのだが、こういうトラブルは最近多く見かける。
backgroundで動作するWindowsのプログラムの致命的欠点だろう。
使ってないPCほど不具合の発生確率が上がるのは一部の人にとっては迷惑この上ない仕様だ。

なお、KB401972が入った場合に遅いPCでは再起動に時間がかかる。
PCが止まったのでは?と感じるほど時間がかかる場合がある。
しかしHDDのアクセスランプが少しでも点灯あるいは点滅していた場合はそのまま放置が良い。



Win7の場合、以前からIEが不正終了を繰り返すことが頻繁にあったのだが今回それが修正されている?
KB3003057が入ってきた。
この修正も時間遅れで入ってきたことが確認された。

ここからはMicrosoftがサポートする全OS関連

ChromeのUpdateが行われた。

今回の件で追記がある場合はこれ以下に記述を追加していく予定。