カテゴリー

政治 (181) ためになるサイト (152) マスコミ (129) リスク管理 (128) 哲学 (125) 心理 (122) 戦争 (114) 教育 (114) セキュリティー (95) 洗脳 (90) 歴史 (76) 経済 (67) Windows (63) 脆弱性 (61) 健康 (46) 科学 (44) 事件 (42) おもしろサイト (41) 事故 (41) 病気 (39) 原発 (30) 宗教 (30) 金融機関 (20) 災害 (17) 現状報告 (5)

2016年10月31日月曜日

TPP関連情報

さて、下の内容ですが皆さん知ってました?
豊洲移転、小池劇場でニュースの片隅にしかならなかったニュースです。
まずはNHKのサイト10月31日 4時19分

TPP 衆院採決めぐる与野党の駆け引き今週ヤマ場に
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161031/k10010750241000.html

前回の私のBlogを見ていない人は合わせてご覧いただけたら幸いです。

かなり前のBlogですが以下のサイトも御覧ください。

米CIAが自民党に秘密資金を提供していたことを認めた
http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-1987.html

戦後の日米の政治的な背景が書いてある場所である。
もちろん、こんな内容は教科書には載っているはずもないので一般の人にはにわかには理解しがたい内容です。
しかし、この内容は重要であると考える。

上のurlの動画だけリンク切れなのでそちらも紹介します。

下がニコニコ動画(閲覧には登録が必要・無料です)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm20337150
コメントがかなり荒れているが、核心をついたコメントも散見される。

コメント無しの動画は以下。


TPPにメリット・デメリットに関して以下のurlがかなり正確な記述だと思われる。
http://www.toha-search.com/keizai/tpp.htm

他の検索を行う元気のある人はやってみてほしい。
しかし。。。。。
真実を伝えている場所・いかさまな場所・詐欺の場所・本当のことは言っているが言いたくないことは言わない場所と玉石混交なので驚くでしょう。

きちんとした知識をもっていないと、どれが本当??となる可能性が大きい。

2016年10月29日土曜日

マネー・ワールド2

マネ―・ワ―ルド 資本主義の未来(2)国家VS超巨大企業 ~富をめぐる攻防~

今回の動画は資本主義の問題も含めてこれから日本政府が国会議決しようとしているTPPにも照準をあわせております。

前回の動画よりもより詳しく動画で触れているTPPにも関連する内容が語られています。

私なりのまとめもご覧いただきながら動画を見ていただけたらと思います。

国家VS超巨大企業
これが多国間貿易協定(TPPも含む)の目的であり、国家は破壊され超巨大企業がその上に君臨する方向性は明確です。

ISD条項
この動画で紹介されていない下の規定はTPPで盛り込まれています。
ラチェット規定
反対派からは毒素規定とも呼ばれています。

ホンジュラスの例ですが、この将軍の言っていることは言い訳にしか聞こえません。
お手軽手段が多国籍企業の導入ということ。
他に打つ手はあったのではないか。

ジャック・アタリ氏が提唱しているのが世界政府です。
これって正しい方向性なのでしょうか?
ニューワールドオーダーや新世界秩序と同じ意味と考えて良いでしょう。
”当たらずといえども遠からず”と私が考えるサイトをご紹介します。


ニューワールドオーダーとは?


これが実現したら。。。
予測ですが、元国家間の地域間格差が生まれるでしょう。
そして世界政府の主導権はどこに?
現在の世界の国レベルの力関係が反映されることは明白です。
これで正義・公平が実現されるわけはない。


マネ―・ワ―ルド 資本主義の未来(2)国家VS超巨大企業 ~富をめぐる攻防...

パトリ・フリードマンの話題も出てきます。
これは企業優先の疑似国家で多国籍企業のさらなる膨張・強大化を招くだけでしょう。

この動画の最後に出てくるスペインのマリナレダ村
社会主義と資本主義の中間を目指しているように見えます。
村長の考え方は考える価値があると思えます。

大画面でみたい人は以下のリンクをどうぞ。
http://dai.ly/x4yn275

2016年10月27日木曜日

マネー・ワールド1

マネー・ワールド 資本主義の未来 第1集 世界の成長は続くのか

久々のNHKの会心作である動画をご紹介します。
自由とは何か、資本主義とは何かを問いかけます。
この番組内ではすべての事実は伝えられていないのがはがゆいところです。
しかし、かなりの部分は表現されていると思うのです。
今、現在進行形のTPPとも絡んでいる話も出てきます。


マネー・ワールド 資本主義の未来 第1集 世界の成...

じっくり、大画面でみたい人は以下のurlをどうぞ。
http://dai.ly/x4yp08n

2016年10月14日金曜日

WindowsUpdate 10/12

試験PC

Win10  13台

Win7   13台

Update個数は以下のとおり

Win10  4-5

Win7   5-7

こちらの環境では大きな不具合は発生せず。
先月よりもUpdateの確認が早くなっている。
Updateの確認の失敗も皆無。

Win7ではUpdateが一度で全部のUpdateが終わらないマシンが散見。

Win10のアニバーサリーのネットで見かける不具合も本日時点でも発生せず。

今回テストでのやりかたを変更
Win10の同時Updateを5台に増やした。
Win7の同時にUpdateするマシンを2台にしたこと。
要するにWin10を5台+Win7を2台、同時稼働させてUpdateしてみた。

その7台中の1台のUpdateが終了した段階で次の同じOSのPCの電源を入れるといった手順にした。
ただそれだけなのだが、Updateの確認に時間がかかるなどの状況にはならなかった。

尚、ダウンロードを経過表示で引っかかるように見えてもタスクマネージャーを見ていると。タスクはしっかり動いていることを確認しながら行っている。

以前に指摘したように完全に止まっていることは今回も無し。

前々回に予告した時短法は今回に関しても試験しようにも問題なくクリアしてしまったので試験できず。


トラブルのないことは良いことなのだが、2ヶ月大きなトラブル無しというのは過去の記憶を辿ってみても比較的珍しいこと。