カテゴリー

政治 (181) ためになるサイト (153) リスク管理 (135) マスコミ (129) 哲学 (126) 心理 (122) 戦争 (114) 教育 (114) セキュリティー (99) 洗脳 (90) 歴史 (76) Windows (70) 経済 (67) 脆弱性 (67) 健康 (46) 科学 (44) 事件 (42) おもしろサイト (41) 事故 (41) 病気 (39) 原発 (30) 宗教 (30) 金融機関 (20) 災害 (17) 現状報告 (5)

2015年11月30日月曜日

戦後の売国奴の歴史

タイトルだけみたら、ほぼ俺は右翼???とも思えるタイトルだ。
でも今までの言説を見て頂いた人は多分???俺を左翼だと思っているのではないかな?

実はそのどちらでもないと俺自身は思っているのだ。
不思議だよね。

前置きはさておき、本題です。

リチャード・コシミズ氏関連の動画です。




リチャード・コシミズ氏は一部の陰謀論者ではこの人を持ち上げる人も多いが俺は信用していない。


しかし、上の動画内容だけに限ってはほぼ事実であろうと考えている。

この動画で紹介されているドイツ国営放送の中では笹川良一氏・児玉誉士夫氏が主に紹介されている。

笹川良一氏に関してはこちらをご欄ください。
     「世界は一家人類皆兄弟
というキャッチフレーズのCMのおじさんって言えば思い出す人もいるかな?

その次男が笹川堯氏
その三男が笹川陽平氏

聞いたことない?


児玉誉士夫氏に関してはロッキード事件で始めて一般国民が知った人物だろうと思う。


リチャード・コシミズ氏の語る内容もほぼ真実であろうと考えている。


唯一、この動画上での巣鴨プリズンコネクションの相関図に関しては俺の立場は一部、保留。
要するに、全部が正しいと自信が持てない場所ですね。

いい線いっていると思うのは8 9 3 関係のコネクションの説明

あとはゴミ売新聞社主・・・この人の果たした役割はかなり重要で、その影響は未だに継続中と考えている。
一番の大罪は原発の推進にマスコミを使い国民の世論を誘導したことだと認識している。
その結果、出来たのがフクイチなのですよ。

小泉純一郎氏の問題に関しては。。。。
現在の発言をしている「原発に関して騙された発言」は可?
だが郵政民営化は・・・・・・「現在の日本の弱体化に寄与しているという表現が正しい言い方なのか不明」。
しかしこの時期、恥ずかしい話だが俺も騙されていて、小泉純一郎を支援していたことは告白しておきます。

その結果、このような俺の発言があるということ。。。。
俺も右往左往して「現在のBlogの内容がある」と言い訳とお詫びをしたいわけね。

ややこしくて、多分、俺が言いたい内容が理解されているとは思っていない。

今までの歴史教科書には書いてない(近代史過ぎるのと公には語れないちょっと怖い内容なのが理由)ので直ちにこのBlogの読者が俺の発言を信じるとは思えないがこんな話をしていたヤツが居たくらいに思ってください。

いつかこのような内容が常識になるだろう時期が来ることを期待して本日のBlogの〆といたします。




2015年11月28日土曜日

ダンス・ウィズ・ウルブズ


ダンス・ウィズ・ウルブズ


http://gyao.yahoo.co.jp/player/00569/v08531/v0828500000000527519/?list_id=2031943

「開拓時代という名前の戦略戦争を描いた」名画であり、素直な気持ちで観ていただけたら素晴らしい動画です。

俺はこの動画を観たのはこれで二回目ですね。

一回目の時は歴史的な知識がなかったので
「はぁ・・・・だから何?」に近い記憶しかありませんでした。

今だから言える「名画」でしょうね。
3時間を越す動画の長さですが、土日を使い御覧ください。

配信期日

2015年12月27日

コメントも素晴らしいものがあり、是非観てください。



2015年11月23日月曜日

ISIS、「日本人を虐殺する」

http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/60004

より転載

ISIS、「日本人を虐殺する」

ISIS、「日本人を虐殺する」
テロ組織ISISが、日本の市民の虐殺を主張し、人々の間に恐怖を広めようとしています。

クリスチャン・トゥデイによりますと、「ISISは日本の市民を虐殺するための計画を立てており、その作戦を南アジアのアメリカの同盟国、バングラデシュで拡大するつもりだ」と主張しました。
このテログループはさらに、「イラクの軍事施設の管理を行うつもりだ」と表明しました。
これらの警告、攻撃、目的は、ISISの18日水曜の最新号の雑誌の中で言及されています。この雑誌にはISISの今後の行動について書かれており、一連の作戦におけるこのグループの成功に関する情報が記載されています。
この雑誌によりますと、ISISは、すべての日本人を殺害し、彼らの財産を消失させるつもりだということです。その理由として日本はアメリカ率いる国際連合を支持しているからだとしています。ISISはさらに、次の標的としてバングラデシュの名を上げています。
アメリカ・インディアナ州のブルーミントン大学のアメリカ・世界安全保障センターの局長はこれに関して、「この問題はバングラデシュがインドに近いために非常に懸念すべき問題だ」と述べています。

転載以上

あくまでも可能性の問題だが、本当にISが事を起こす気かもしれません。

でも!!
これは日本人の心を逆なでする目的があるためで、それにつられてアメリカやフランスと同調して事を起こす(西側諸国対テロという名のイカサマ戦争を現政権ならやりかねない)のは愚の骨頂です。

そもそも、ISを育てて支援して来たのは西側の一部の国の好戦派の面々であることは大手メディアでは指摘しているところは少ないですが、ネットで懐疑心をもって見つめているブロガーなどでは以前から指摘されていますし、俺もこの関連した話題は取り上げていました。

やられたままで良いと言うわけではありません。
かといって「イカサマテロ??かテロ」かわかりませんがそれを警戒して未然に防ぐということはほぼ不可能なことは少し考えればわかるはず。

この事態を招いたその責任はどこにあるのか。
あるいはISの背後にいるのは誰か。

これを知ることによって私達のするべき反応は違ってくるはず。
恨む相手を間違えると国民の怒りの感情で世界の紛争が泥沼化しかねない事態になるでしょう。

ローマ法王も「もう第三次世界戦争が始まっている」という演説を最近しています。
俺のBlogでは取り上げていませんでしたが、ネットで検索すると出てくるでしょうね。

事実を知った上で日本人がマトモな声を上げるべき時期が来たのかな。。。。と感じます。

2015年11月21日土曜日

ミスリーディング2

さて前回のミスリーディング1に関しての意見を以下に。
これでも文章を短くしたつもり。

ということで、今回は責任者の追求を行ってみた。

そのなかで耳の痛い話でプッツン!!する人もいるかもしれない。
最初に言っておかなければイケナイのだが、俺もその仲間だった時期があるのだ。
その反省のもと、このBlogがある。
どうか怒らないで最後まで読んでいただけたら嬉しい。

この番組を紹介するにあたり、タイトルをミスリーディングとしたのには理由がある。
ミスリーディングの意味をご存じない人のためにちょいと解説をさせていただく。

本当の原因を一般人に悟られないように隠し、限られた判断基準だけを提示して、判断ミスするように特定の人たちを誘導すること

これがミスリーディングの意味

さてと・・・・


この番組の中で語られていることを簡略化して説明すると

1.日本政府に金がない
2.福祉や年金に支払う財源がない
3.国民が協力しあうしか方策がなさそう
4.金持ちには相応の負担をしてもらい、経済的に大変な人たちを補助する形態にしていかないと日本が立ちいかなくなる
5.年金も福祉も一般の人は少しガマンをしてもらおう
6世代間格差・貧困格差の問題

結論としては相互扶助

これらの話を聞いてナットクした人がどのくらいいるのだろうか?
この放送がミスリーディングの一例である。

相互扶助という言葉は優しく感じるし正しい相互扶助が行われるなら異論は無い。

以下の点で非常に問題を感じる

貧困格差の話に関してはあまり異論はないが世代間格差を演出するのが間違い

そもそもこういう財政状況になった原因はどこにあるのか?
その責任者はどこにいるのか?
その責任者は今、どうしているのか?
その責任者??はどのように責任を取っているのか?
現在の政府を支えて来た国民の責任は?

羅列するとこんな所にこの放送はメスを入れていないのが大問題
これが間違った結論なり間違った思考を手に入れてしまうタイミングなのだ

上の疑問に俺なりの視点でツッコミを入れてみた

そもそもこういう財政状況になった原因はどこにあるのか?

幾つかの原因が考えられる

大きな枠組で捉えると米国好戦派の言うなりで軍事費負担と自衛の名の下にほぼ言われるがままの軍事兵器を軍事企業から買っていた

利権を政治家・高級官僚・それと癒着した大企業が国民の税金を自分たちの都合の良いようなしくみを目指し着実に実現してきた

その責任者はどこにいるのか?
上に挙げたことで判るように好戦派のアメリカ・イスラエルなどの西側諸国の親分肌の諸国
同じく国内では日本国民の幸せより己のmoneyや力を重視する実力者
この結果、血税と言われる税金の無駄使いは確実に存在し続けている政治家・高級官僚・それと癒着した大企業

その責任者は今、どうしているのか?
言うまでもないだろう。良い生活しているでしょ?
しかもその子孫もそこそこの利権を財産として受け継いでそれが今も継続している

その責任者??はどのように責任を取っているのか?
責任った為政者・高級官僚・大企業って過去にどれだけいましたか??
アタナ!!そのリスト知っていたら挙げてください。


現在の政府を支えて来た国民の責任は
そう。ここも避けて通れない。
自分の住んでいるところに公共施設を作ってくれたり、道路を作ったり、利権をもたらす政策?
というより一部の利権者が特に美味しい政策を皆さん支持していませんでしたか?

「そんなこと、知らなかったぞ!」というアナタ!!そんなアナタ達が今の閉塞状況を作ったのです。

「俺だけじゃないもん!みんな忙しくて政治家のチェックなんてムリ!!」というアナタ!!
そんなあなた達がこの政治家を選出するお手伝いを結果としてしてきた現実があるのです。

そういう俺もある時、気が付いていて、でもやはり上のような逃げの手を打ってきた。

俺もその責任は感じておりますよ。
だからこのBlogを書き始めたわけさ。

この話は俺自体の話でもあり、みなさん自体の責任でもある。

誰かが、仕組みを変える努力をしてくれるだろう。

こんな発想は無責任で、そもそも民主主義は国民がそんな無責任体質なら腐敗していくのは自明の理である。

政治家の腐敗は国民の心の腐敗が原因となっているのか、それとも国民がそう仕込まれたのか、その2つともが原因なのか。

俺はそう考えている、

今回は実例としてNHKの番組を取り上げたが、それ以外の企業、政治家、高級官僚(高給官僚?)、マスコミ、裁判所、などなど挙げればきりがない。

そんな実例を過去のBlogで一部だけだが取り上げて来たつもりなのだが、何人気がついたのかは不明。

これが問題なのさ。
俺が言いたいのは以下のこと

庶民が変えていく努力を怠ったり、監視する目を怠ったりすると国は少しづつ、しかし確実に衰退の道を辿る。

自分の生活に汲々している国民の生活を見てみぬ振りをする企業、政治家、高級官僚(高給官僚?)、マスコミ、裁判所!!!

あなた達は誰のために給料をもらって働いているのか?「自分の家族繁栄の為です?」
はぁ・・・・・・

「国民の為です!」と胸をはって言える高給取りはどれだけいるのか?

それら責任者達もプライドをもって国民目線で仕事をして頂きたいのだ。

現在、感じている責任者の重い順から俺なりの目線で順位を付けてみた

元国権支配者とグローバル資本家とその仲間達(今回もこれは怖くて言及を自粛)

一般人をミスリードするマスコミ・政治家・moneyに支配されたグローバル企業

上記連中から「おこぼれ」をもらう官僚・企業群

高級官僚の言うことに反論出来ないようなおバカ政治家を選ぶ選挙民

書き出したらきりがないのでこの辺りでやめておく。


最近、本当に思うのだが、

テレビや新聞を読まないのも問題で
そのテレビや新聞を丸々信じてしまうのも問題で
自分で調べて見ようと思う人が少ないのも問題で。。。。。
思考の優先順位がmoney優先なのも問題で

ただね、逆説的に言うなら、一般庶民がそれらのことに気が付いて声をあげられれば・・・・
少なくとも悪化の程度を少なくさせるか、良い方向に変化させられるのではないか?

この話はみなさんの既存の価値観を全く否定することになるだろう。
それが反発を産むだろう。

これは判ったうえでの発言である。

こんなバカみたいなヤツが居てもいいだろ?
「皆さんが判断してもらう一助になれば」と憎まれ役をやってみた。

長文ついでに、以下のサイト

ツイートまとめ テーマ:フランス同時多発テロと鹿児島の地震関連「誤報」について



鹿児島の件に関しては未検証だが、他のものはほぼ同意出来る内容で、非常に良くまとめられているのでブックマークして暇のある時に見てもらえるとありがたい。

長文にお付き合い有難うございました。


2015年11月17日火曜日

ミスリーディング1

本日は「国民はどうなっても安泰」のNHKが放送した内容です。

ちょっと考えると私達みなが大変なのかな?と思わせる内容ですが・・・・

俺の考えは全く違いますが、まず!!!番組を見てからその話をしようと思う。
これも金取り主義のNHKが著作権がとかでこの動画はそのうち消される可能性が高いのでこのurlが存在しているうちにご覧ください。

NHKスペシャル 私たちのこれから 15 07 11





ということで、タイトルがミスリーディングとなっているので勘の良い人は気がついた人もいるのではないのかな。

まずは動画の紹介までにして

長文を作ってあるのですが、嫌われると思うのでなるべく短めに編集して、俺の意見表明は明日以降に持ち越します。

本日は以上!!

2015年11月16日月曜日

自由からファシズムへ

おしゃべりな俺が前回のBlogでは無口??だったので、今回は前回にも関連する話で、一見別に見えるが実はつながっている話をします。

この動画は俺が今まで調べて来た事実とほぼ符合しています。

911事件が起こった時、俺はTVに釘付けで、今、アメリカで何が起きているのかまったく理解することが出来ていなかったことを告白しておきます。

しかし、あまりに衝撃的な映像は俺の記憶に深く刻まれていました。

俺もこの後、いろいろと調べて信じられないようなニュースやら陰謀論を知ることとなった。

その陰謀論も信じられず、あれこれ情報を探してみるのだが、否定する事実が発見されず、陰謀論の確かさばかりが目立つようになる。

ただ、これを公で話すことはためらわれていて今日に至るわけです。


これは投票プログラムの不正の関与を示すもの
自由からファシズムへ 7of8 JP A F2Fascism 720x480


自由からファシズムへ の全部の動画を見たい人用


確か、以前にもこれは俺のBlogで取り上げたと思いますが、再度。。。。

見てない人は見てください。
驚くべき真実を語っています。
下の動画は消されることが多い(過去にリンク切れを二回経験している)ので見られるうちに見て記憶にとどめておく必要があるかもしれません。



隠された悪:アーロン・ルッソは殺されたのか?

確かな事実だけ。
上の動画の撮影後、半年後に膀胱がんでお亡くなりになっています。
殺された確実な証拠が不明です。
しかし俺の考えでは死を知って告白&告発に踏み切ったと見ているのですが、
彼が病気を知っていたなら、この会見での嘘はないと思われます。

さーーて、真実は今のところ藪の中。


ウィキペディアのリンク
アーロン・ルッソ


今回はアメリカが舞台になっていますが、これらの出来事が事実なら日本は大丈夫なのでしょうか。

ニュース自体も疑う必要性を強烈に感じました。


NewWorldOrder
NWO=世界統一政府=新世界秩序

この動画内での最後の言葉は素晴らしい!!!

そしてParisの事件ですが、これもなんとなく胡散臭さを感じませんか?


迷えるおっさん羊(子羊よりかわいくない)

2015年11月15日日曜日

多くの戦争の現実は・・・・

ハート・アタッカー

これは映画でもあるが現実に起きたことにかなり近いと考えている。
このサイトのコメントが真実らしさを伝えていると思う。

目をそらさず見て欲しい動画だ。
このサイトでの公開期間は2015年11月30日まで


http://gyao.yahoo.co.jp/player/00938/v00366/v0000000000000000421/


今回はあまり語りたくない。

2015年11月11日水曜日

Windowsupdate 11/11

経過報告だけの手抜きです。

ゆっくりHDのアクセスランプだけ睨んで、のんびりやれば今回は問題は発生しなさそう。

何故にこのようなことを言うかの理由。
実はウィルスチェックでチャカチャカとウィルスチェックシステムのUpdateをしたらwin7の起動に失敗って話で。。。。。

酒を飲んで試験していたもので、いつものゆっくりのつもりが生来のいい加減さが出てしまい、どうも「ウィルスチェックシステムの置き換えに失敗した模様」って笑ってくださいな結果でジタバタしていましたとさw

現時点ではウィルスチェックプログラム以外は不具合は確認されていないので、大丈夫だと思われます。

ことの顛末はこのブログ内で後ほど記述致します。

うはは、お粗末!!!
俺の真似をして短気を起こさないようにというお話だけして寝ます。!!!

at am 05:26

はぁ疲れたorz


2015年11月7日土曜日

「ランボー/最後の戦場」を見て。

まずは、何にも言いません。

ランボー/最後の戦場から物事を考えてみたい。

以下のどちらかのリンクをクリックしてご覧ください。
尚、登録が必要なのとR15です。
これも公開期限は不明ですので、見るのはお早めに。






字幕版


吹き替え版




見る時間がないと言う人は以下のurllに概略が書いてあります。


戦争の悲惨さは言うに及びません。

力を持った政府軍の軍部で一部、過激もしくは横暴があったのは事実でしょうが、それがミャンマーの軍事政権の全てを表しているのでしょうか?

この映画の場合の正義はどう見ても下に提示されている一部コメントとは逆の話で展開されていきます。

もし、下のコメントが正しいとするなら上の映画は真実の一部だけ、しかも誤った背景しか出してないことになる。


そして、それに関するurl




更に最近ニュースでも取り上げられたミャンマーの選挙のこと

少なくとも上のコメントで米・英側の正義を認めている人とその全く逆の話が語られているのです。

さてさて、皆さんはどう判断されますか?
これと同様な話は実はミャンマーだけではなく、紛争地域においてはあちこちで見かける話であるのです。

ついでに日本政府の立ち位置はどっちでそれは正しいのか?も考えてしまった映画でした。

2015年11月5日木曜日

嘘と真実 34 やらせ

一般の皆さんも「やらせ」という言葉はご存知ですよね。
例えばテヘぶーエスとか あれ?音が違うような・・・・

ま、推測できる人のほうが多いでしょ。


嘘と真実 34 やらせ<1>「クイズ21」




このクイズ21だけではないのは知っていますか?

このBlogの最初に記述したテヘぶーエスとか他の局でもやらせを疑わせるものはごろごろあるんですよ。

一番目立つのはアメリカの大統領選挙でしょうね。
大統領になるために現在ではすさまじい金額が使われているのは知っていますか?

以前にもお話したことがある話ですが、洗脳の道具にも使われております。

逆に皆さんが悪人と思っているが内情は違う可能性のある人の例を数人挙げましょう。

ロシアのプーチン氏

田中角栄氏
鈴木宗男氏
小沢一郎氏

植草一秀氏

佐藤栄佐久元福島県知事

以上の人々を知っている大部分の人は悪者だと思っている人が多いのではなかろうか。


こういう話は公には出てくるのは犯罪の話だけで他の事実は大手マスコミが報道をしない。
大手マスコミしか見ていない人には寝耳に水の人も多いんじゃないだろうかと思う。

印象報道も加わって悪者としか見えないので当たり前と言えば当たり前。

大手マスコミが大合唱しているときは注意が必要なのです。
その裏でナイショにしておきたい事実が進行中だったり、ナイショにしておきたい重要法案が通っていたり、なかったことにしたい悪事がもみ消されたりしていることが多いこと。

最近うんざりしているのはTPPの話かな。

大筋合意という名のウソ報道。
大手マスコミは重要な問題を報道せず、「皆さん!!牛肉が安くて手に入りまっせ?」とか農業問題だけを取り上げ、その見返りに日本人には知らせたくない話がごまんとある。

その気のある人は「TPP リスク」で検索してみてください。
マスコミ、特に地上波ではまず出てこない話があちこちに書かれている。

大手マスコミは真実をきちんと伝えているのだろうか。
否!!!

「真実はちょっとだけよーーーーーーー♪」
「ホントのことはほとんどナイショ!!!ウフン♪」

2015年11月3日火曜日

税金のかからない財産とコミュ障

猫犬田氏の動画のタイトルどおり、「人生は一生勉強である」ってことなのですが、「勉強」という言葉を「学ぶ」と書き換えても良い。

「学ぶことの楽しさ」を得られたらこれは一生の財産になるのではないかと考えている。

まずは、なんかしてみようよーー。

もちろん、その途中でちょっとばかり難しい問題にあたるかもしれない。
その問題をクリアすべく、ホンのちょっと努力してみましょう。

すぐクリア出来なくても構わない。
その時は放り投げてしまいましょう。

でもマジで忘れっぱなしはダメね!!

気がついたら再度その課題にチャレンジしよう。

何度か時間をおいてチャレンジしているうちにちゃっかり解決したりするものです。

これが「学ぶ」ことの本質で、そのご褒美は「やった!!!!」感
これがあなたの生きて行く上での税金のかからない財産になるはずです。



今では誰も信用出来ないくらいペラペラおしゃべりする俺なんだが、俺も「ちょいコミュ障」そういう時があったのですよ。俺の場合は同年令に近い異性との話をするのがめちゃ苦手な時期があってね。

それがいつの間にか誰でも声をかけることが出来たりしておりまする。

だがコミュ障である証拠に祭日にもかかわらず、一歩も表に出ておりませんがなw
あー、まだ酒は飲んでませんぜ?
って、アル中じゃないかいって思われるでしょうが、アル中です!って、ぉい!

さて、本題だけれど、コミュ障を直す処方箋を俺なりに。。。。。

下の動画のリストを一時停止して見てみましょう。
そのリストのどこからでも良いからリストから外れるように努力してみたら良いのじゃないか?
一歩一歩ね、それを克服していく努力を続けるわけさ。

そんなことをしているうちにコミュ障から脱却出来ると思うぞ。





2015年11月2日月曜日

愛の食を取り戻せ!!

加工肉の騒ぎで思い出し、二ヶ月前に書いたものを今頃BlogUP
この所、なんか忙しいので書き溜めたものから抜粋って要領のよいやり方で。

愛の食を取り戻せ!!

一般的にうんざりされる話題をいくつか。
太く短くという人生観なら、この文章はスルー。
これ以下は見ても無駄。

それだけでは嫌われるのでその解決策を一番下の方に記述します。

人工甘味料とうまみ調味料の危険性をちょいと面白い音楽とコラボしているのがとっても良い。



経験的にだが、グルタミン酸ナトリウム(味の素ね)を食べ続けると、フツウの味付けに我慢ができなくなる食感を持ち始めてくるのは知っている。
あなた自身や特に最近のお子さんがファーストフード店を好むのは知っていますよね。
味覚がすでに壊れているわけです。




 

フリーラジカルとは以前に書いた記憶があるのですが・・・いつだっけか?
これは放射線障害でも問題になる物質です。

フリーラジカル

女性キャスターがうんざりした表情をしてますが、まぁフツウの反応と思われるのが面白い。

「じゃぁ何を買ったらいいのよ!!プンプン!!!」

全く困ったもんだ。。。。。。

特に日本の場合は特に困る。
放射性物質は拡散され続けて産地偽装も。
そして残留農薬・遺伝子組み換え食品・グルタミン酸ナトリウム・アスパルテームと来たもんだ。。。。

かつては良いものだった食品も疑わしくなっている。

代表的なものを2つ紹介する。

ポパイで有名なほうれん草
これは確かに昔は良かったがほうれん草は痩せた土地に栽培されるもので、逆にいうと土地からすべてのものを取り入れる性質があるため、その土地と水が汚染された場合はその汚染物質まで取り込んでしまう。

レバー
昔は造血作用がどうのこうのと言われていた。
しかし現在の家畜は薬漬けで飼育される。レバー(肝臓)はそのろ過装置であり、成長ホルモンや薬剤の蓄積量が多いので好んで食べる意義は失われている。




以上を見終わって俺の感想を。

すべてを避けることは非常に難しいのは認める。

おまたせしました。
ではどうしたら良いのか?



これは以前にも話した記憶があるのだが、それに準じる話をしてみます。
害のある食品のすべてで健康被害が出るまでの時間や量には個人差があるだろう。


そこで二段階で防御をお勧めしたい。

最初の選択肢

まずはある程度の知識を獲得して欲しい。

その後、あなたの家庭で出来る手段を考えて行動の取捨選択を。
個人レベルで家庭ごとに出来る範囲で構わないので避ける工夫をして欲しい。

これはマラソンより長い期間になるが(要するにあなたの寿命が尽きるまで続けるから)この程度は個人レベルで決めるべき。


細く長くの人生観なら出来る範囲で無理のない範囲で食材を選択しよう。
太く短く、細く長くの中間の人生観もあるとすればその間の範囲で出来る限りということになる。

当たり前?じゃなないでしょ?

この選択自体にストレスが加わるならストレスも良くないので、今回、俺が話したことは無効にしても良い。

さーて、あなたはどれを選ぶ?

それが面倒なら・・・・・
次の選択肢

身内でそれらしき弊害が出たらしい場合に始めて行動する。

大抵の人は医者通いとなるが、医者に通いながらできる事がある。
それから医者に行って一見、治ったと思っても再発するなら以下の2つの疑いを持とう。


1.医者の診たて違い。

この疑いがあるならセカンドオピニオンを求めてさまよいましょう。

2.医者では治らない違う生活形態や食事形態が原因と考えよう。

ほとんどの医者はそんな原因は知らないし、薬を使って症状を抑える治療しかしないことがほとんど(西洋医学お得意の対症療法ってやつね)。

以前に話をした界面活性剤の件でも今回の話題でも
俺が話をした中からそれらしき疑いのある食生活や生活に変化を加えてみましょう。

どれが主だった原因なのかは多分早ければ1周間、遅くとも3ヶ月くらいで変化が現れる。
その原因が特定するまでは時間がかかるので、これは我慢。

短気で待つ我慢が出来ないならすべての可能性のある食品や生活習慣をカット!
その行動も我慢が出来ないならもう打つ手無しとなります。お好きなように。

「ぇーーーー面倒!!!」と思われる人は今回のBlog内容自体を無視してください。
まぁ今回の話は困ったときに見に来てくれればいいかな?と思っています。

そういうあなたやあなたの家族はまだ深刻な状況ではないのです。
だから言うだけ無駄となる。

まぁ、周りを見ていて、「わらにもすがりたい状態」にならないと「本気」にならないのは非常に一般的な反応で俺も慣れています。

例を挙げると安全運転の話
聞く耳を持たない人の多いことw
長女がそうでしたが、何度か事故って最近はマジメに聞いてくれるようになりました。orz

他の例ではPCウィルス感染の話
経験していないとほぼスルーされます。
経験して初めて真剣に聞く態度になる。