カテゴリー

政治 (181) ためになるサイト (152) マスコミ (129) リスク管理 (128) 哲学 (125) 心理 (122) 戦争 (114) 教育 (114) セキュリティー (95) 洗脳 (90) 歴史 (76) 経済 (67) Windows (63) 脆弱性 (61) 健康 (46) 科学 (44) 事件 (42) おもしろサイト (41) 事故 (41) 病気 (39) 原発 (30) 宗教 (30) 金融機関 (20) 災害 (17) 現状報告 (5)

2015年9月30日水曜日

伝説の投資の巨人たち

様々な示唆を与えられる動画かと思います。

ジョージソロス「生き残るために手段を選ぶな」




世界3大投資家、ジム・ロジャーズが2015年のアベノミクスを切る!!日経平均は3万円まで上がる、しかし・・・




投資のカリスマ『ウォーレン・バフェット』の総資産を大公開!オマハの賢人





因みに私はジム・ロジャースが素晴らしいと考えているのですがみなさんはどう思いましたか?

といっても現在、投資はまったく足を洗っておりまする。
別に損をしたわけではないのですがなんとなく・・・・・・・・・・・
というよりジム・ロジャースの予測が当たりそうで避けているってのが本当のこと。

「私には無縁の世界の話」と思ったら足元をすくわれると思うのですが。。。。


歴史観と洗脳を同時に語る

あまり人気のないNHKの今回の大河ドラマの登場人物と前回の大河ドラマの人物感が最後に出てきます。

過去に何回かNHKの大河ドラマをネタに紹介していますが、実は俺、この大河ドラマを大絶賛しているつもりはなく。。。
どれだけ脚色されているのか(真実をねじ曲げたり、違う目線でみたらこういう言い分も)を観察しながら見ている人間です。
まぁ、素直でないといえば素直でないかw

歴史に興味を持っている人はどの程度いるか不明です。
しかし、歴史の変遷を知らないと現実に今、起きていることの背景も完全には理解考察出来ないものです。
今回紹介する動画は高原剛一郎氏のレクチャー?動画です。

【高原剛一郎氏・・・どういう人か調べて見ました。】
高原剛一郎氏

上のリンク先でピンと来る人がどれだけいるか不明ですが。

金融\(^o^)/な人であるらしい部分とユダヤ人に関して、そして宗教観のことだけ、俺は違うだろう、違うと思う部分です。

しかしその他のことはかなりの真実を伝えている。

かなりユダヤ金融よりの洗脳を受けているらしい。
聖書がすべてと思っている人らしい。
ロスチャイルドって人物は俺のBlogでは初めていう名前だと思いますが、誰それ?と疑問を持つ人はご自分でお調べください。

どうでもいいや!って人にはまた機会がありましたらお話しましょう。

それを込みで、このながーーい動画を見てみる価値アリ!!
全部真実を語っているとは思えないのですが・・・という前置きをしつつ、1:37の動画をご覧いただけたら幸いです。

尚、俺はユダヤ人差別意識は持っていないというより、ユダヤ人の迫害の歴史はほぼ正しいと考えている。

しかし、その歴史の中でイカサマユダヤ人が混じっていると考えていて、これが歴史をややこしくさせているのだ。
この話も機会があったら話したいのだが長文になりそうでスルーされるヨカンがする。。。。


しかし!!!この動画を全部信じては危ういよ。

今回はイスラエルとアメリカの関係がうっすらと見えてくるのが判れば。
バイブル絶賛のための話の違和感。
話の中でどこが違うと自分なりの歴史観との差異を発見出来ればOK。

話し手の高原剛一郎氏は洗脳されているか、あるいは真実を知りつつ騙しているか、そのどちらかがある。

美化とすり替えだけはお気をつけて。。。。

とだけ、話をして今回は終了。
キンコンカンコンーー♪


2015年9月24日木曜日

一億総活躍社会を問う


安倍晋三総裁記者会見(両院議員総会後)を文章で読みたい人は以下のリンク

安倍晋三総裁記者会見

一億総活躍社会
老人もしっかり働け!!!死ぬまで働け!!!。


子育てそっちのけで構わないから母親も社会に出て働け。
そしてしっかり国庫に税金を!!
父親も働け低賃金?キニシナイで働け、残業?文句言うな。もちろんサービスな。

子供は国の為になるために大きく育てよう。
大きくなったら国のために働け!働け!

と聞こえた。

新三本の矢?
前の第三の矢の成否はどうなってんの????と質問したい。

経済だってうまく行っているのは一部の大企業だけじゃないか。
経済格差は間違いなく広がった。

安倍首相の会見から俺の裏読み解釈をここから。。。。
まずは以下のおいしそうに聞こえる美しい言葉を検証する。


希望を生み出す強い経済

経済最優先だそうな。
これが何を意味するのか?

経済最優先なら国民の命や自衛隊の命は軽いんだね。
生産性革命に話しが・・・・

投資や人材を日本へと呼びこむ政策と話ししているがこの中身は

投資とは海外からの株式資金の取り込み
この結果予想されるのは企業の資金のグローバル化
その結果名前だけ日本企業で資金は海外ということも容易に予想され、その結果日本式な経営は淘汰されていく、すでに始まっているがそれが加速され、首切りが当たり前の世の中が到来する。

人材は以前より一層海外からの安い給料で働く人を移民で受け入れるか、現在問題となっている不定期雇用人材の増大で企業に「とくにグローバル企業」有利な政策を推し進めると読める。

夢を紡ぐ子育て支援

言っていることはツッコミどころはなし。
実現出来るとは過去の経緯からみて信用出来ない。
財源不足とか言い始めるにキマっとる。

普通に考えて不定期雇用の若者が余裕があるはずなかろう。

子供どころか結婚だって危うい状況になっていくのは現在より一層加速されるはず。
これも今までの経緯から親より国に忠実な子供が育てられていくだろう。
道徳教育が真の徳を教えるならいいのだが、上っ面の道徳なんか教えこまれても困りもの。


安心につながる社会保障

生涯現役
もう老後も死ぬまで働けよ!!!ってことだね。
逆にいうと働かないと国は面倒みないことになるだろう。
更に言うと働けなくなった時点で「おまえらもういらね!!」という冷たい政策が待っている。


まとめ
この辺りで整理するとこうなる
経済優先で子供は義務教育で国のために大きく育てられ、その後は奨学金の名の下に実態はローンを背負って成人になった時はリッパな借金もちで社会に出る。
この時点でハンデもち。

親世代は経済優先で子供の本当の人間教育まで手が回らない。
経済弱者は結婚も遠のき、「子供?金がないから無理」って人も増えてくる。

老人世代は子供に面倒を見られることを嫌い、子供も親の面倒を見ることを嫌い核家族化は一層増えて行く。
若い時の蓄財をはたいて不定期雇用の人が働く有料老人ホームに入り、それが幸せ?
家を売り払い無一文になるまでそこで生活をする。
その段階で生活保護を受けることになる。この場合公務員が面倒を見るので自分の自由は効かなくなることは想像に難くない。

すげーバラ色じゃない。。。。灰色の日本が待ち受けるぞ!!

バラ色になるのは一部の金持ちだけの世界がもう待っている。おいでおいで。

以下記者からの質問


東京新聞可もなく不可もなく
日経新聞 最低
日経新聞記者・・・・・誘導尋問をしているねーー。
さすが経済至上主義新聞。
長い間、この新聞の購読者だったのだが原発事故以降取りやめている。
産経 在宅介護についてはまぁまぁ、国立競技場は
朝日新聞 憲法改正に質問がそもそも改正なのか?改悪?なのかを問うべき

憲法改正?改悪?についてはまたのちほど触れたいと思う。

2015年9月19日土曜日

明るい未来のヒント?

昨日、ちょっと暇が出来たのでニコニコ生放送で安倍政権支持派と反対派と会話(という名の論争)をしていて発見したことがある。

そこで「日本が主体性を失ったのは戦後であるという共通認識」を得た。
これは俺にとっては新しい発見でおもしろかった。

そして「戦争法案」が可決した今。
このまま行くと中国あたりと戦争でも始める気かも。。。。と思っている。
では何が出来るかってことを語ってみたい。やり方によっては明るい希望もあり得るみたい。。。

ということでそんな関係の話題を。
まずは現状認識しないと解決方法は見えてこないので以下の動画をご覧あれ。
ホンマでっかな話が出てきますよ。



矢部宏治氏
憲法自体、機能していない。

はてさて、その理由を探って見ましょう。





日米合同委員会の力が総理より高いと話しています。

日本側の組織をみると官僚組織であることがわかります。高級官僚の悪口を言う理由がここに。


















アメリカ側は軍隊が大部分を占めていることに注目。
以前にも話したことがありますが、米好戦派の悪口を言ったのはこういう理由です。

ってことで別の動画を。





















1. 占領軍が密室で書き受け入れを強要した

2. 内容は当時の日本人には絶対書けないものだった

の2択を言っているがこれはどちらも真実なのではないかと考える。

安倍政権の考えは2択のうち1のほうでしょうね。


















改憲論議・護憲論議は2択ではなく別の視点もあることが判る。

変える・変えないだけではなく
もっとよく変えると動画では言っている。

しかし安倍政権の目指している方向性はもっと悪く変える方向性と思われる。

動画中で権力者は共産化が嫌だったと語られているがこれは真実の一部だけである。

そのお手伝いをしたのが読売を筆頭としたマスコミであり、マスコミを使って世論を操れることを知っていたアメリカ側がお手伝い?をして作られたのだ。

例えば日本に原発を導入するときに真っ先に推進した新聞社であることは調べれば判る。
ナベツネはCIAのコードネームがあったとか言われている。
権力者に関してはもう少し下で書きます。

















1959年の「砂川裁判」で「戦力の不保持」という矛盾を覆い隠すために日米安保条約のような高度の政治的判断を要する問題については憲法判断をしないという最高裁判決が生まれてしまった。

実はこれも裏側があるわけで一番最初に書いた日米合同委員会のような連中が判断のかなりの部分を占めているわけだ。
おもしろい?ことに最高裁判所に日本の国旗も掲げられているが、ある一定の時期だけアメリカ国旗も掲げられているのですよ。
その習慣?は未だに続いている。

フツウに考えておかしいでしょ?

















憲法が一番上にくるのが自然だし当たり前なんだが、砂川裁判以降、なにが起きたかというとアメリカに関してだけは最高裁判決で別格扱いをしたため、憲法の上にアメリカの支配権が確立した瞬間であったということなのです。

戦後のドサクサに紛れて強いアメリカに守って貰おう。
戦犯から逃れて、しかも美味しいことをしてくれるアメリカ軍にすがって子分になろう!!

こんな裏切り者的な支配者もいて世襲制だったりしてそれが現代でもずっと続いているわけ。
いや、続いているというより悪化していると考えたほうが良いと思われます。

延々とこの悪化を放置しておいては良くないと考える政治家もかつて居ました。
しかしその人達はほぼ、駆逐されました。

行政協定のもとでは新しい基地については条件を決める権利も現存する基地を保持し続ける権利も米国の判断に委ねられている。

さーて、ここでご存知のこの御方の登場だ。

















安倍首相のおじいちゃんね。
60年安保改定の時は変えたんですがその裏で当時の岸政権とアメリカの政権の間に密約が!!!!
占領時代・旧安保条件とも同じアメリカ軍の基地の自由使用・自由活動の特権は継続するという。

















1957/2/14
これまでのアメリカの特権的地位は変わることなく続く。。。。。。。。。。。


こういうことを言い続けちゃうと暗たんたるものを感じるでしょう。
でも諦めてはいけない。

では問題です!!!
国連(実態は第二次大戦の戦勝国連合)の敵国条項に入っていた国はどこでしょ?

答え)
日本・ドイツ・イタリアが主な国ですよね。

さてさて!!!
では現時点での敵国条項が適用されている国はどこでしょう?

答え)
なんとなんと!!驚く無かれ・・・・・・日本だけみたいですよ?

ではドイツとイタリアは何故に敵国条項からぬけ出すことが出来たのでしょうね。
ここから考えると敗戦国からぬけ出す道が見えてきそうです。

日本が敗戦国からぬけ出す第一歩になるし
不平等条約から抜け出す道と確信している。

最後にちょっとだけ希望が見えて来た\(^o^)/?




2015年9月17日木曜日

ヤラレタ・・・・・その1


ヤラレタ・・・・・・・・・・・・・

平成27年9月17日 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会
というながーーいイカサマ戦争法案でゴタゴタしている間に飛び込んで来たニュース。

医療法の一部を改正する法律案って知っていましたか?

俺は本日、堤未果さんのTweetで初めて知って目が点。
詳しいことを知りたい人は最下段のリンク先で確認してください。
簡単な説明は堤未果さんのTweetで行われています。

これから察するにTPPの前準備と考えて良い。

ちょっと前に医師の数を低下させると安倍首相が話しており、これとの関連もあるだろう。
要するに、日本人医師の数を減らし、医療の利益優先経営を推し進め、外国人医師(目的はアメリカの巨大医療機関が主なターゲット)の導入だ。
これって日本人のため?それともアメリカさんのため?
どこまで売国が進んでしまうのだろう。。。。。。


長文だがしっかり理解したい人は


を参照


を参照

を参照



可決結果 は こちら




2015年9月15日火曜日

次の予測

この文章は8/17に書いていつ公開しようかと思っていたものです。
はぁ・・・・・
仕事にかまけて遅くなってしまった。

今回のBlogは一般人に対して発言するものではない。
ブロガーやツイッターの人たちに対して発するものです。
興味がある一般の人達はご自分でお調べください。

SEALDsに関して


俺の予測(はずれたらスマン)
現時点で予測されるのは3パターン。

1.安倍政権の戦争法案を無理に押し通し、結局は戦争法案可決。

その結果、日本国民の怒りが現在より激しく安倍政権に向けられて安倍政権退陣。

そこで愚民は\(^o^)/と喜ぶが次の政権は安倍政権と同程度かそれよりひどい政権が樹立される。

選挙の結果(上っ面だけ見た時は民主主義に見える)と大上段に構えて、更に悪政を行い、国民の政治に対しての失望感を感じさせる。失望感を感じた国民は政治に対する関心をさらに失う。
(民主党が自民党から政権を奪取したときのフィーバーとその後の国民が落胆した結果の過去の動きを見れば未来はそんなもの)

2.安倍政権の戦争法案がめでたく阻止される。
安倍政権は国民の信頼を失い退陣。
SEALDs主導で次の政権が国民の圧倒的支持を得て倍政権と同程度かそれよりひどい政権が樹立される。
それ以降は1パターン目と一緒の結末。

3.最も最悪なパターン
安倍政権の戦争法案を無理に押し通し、結局は戦争法案可決。

SEALDsと賛同した人たちは生贄として犯罪者として処分。
全ての言論が封殺される。


俺の予測は以上

俺の予測はどっちにしても良い予測は出来ない。
しかし!!!


最初から分裂したらアカンと思う。

まずは現政権に対して反対に見える立場の人を集結させて、とりあえず意見表明しつつ。

相手のほうが資金豊富で上手なのが困りものだが
その後、予測されるリスクをネットで広めて行くってのはいかが?


とりあえずは安倍政権を倒すことに注力して戦争法案廃案。
その時期を逃さずSEALDsの内情暴露。
マスメディアが如何にあてにならないか国民に告知する役割をブロガーやツイッターが担う。

国民に真実を告げる仲間のブロガーやらツイッターで拡散。

マスメディアを信じる国民がどの程度の割合でいるのか。
その割合をひっくり返す力がブロガーやツイッターにどの程度あるのか。

この2点にかかっていると感じる。

ここまで8/17に記述

そして、完全に外れたorz
それともまたどんでん返しなんて出来るのだろうか。。。。。。
悲観的にしか考えられない。

その後、ツイッターで発言した内容

安保法案 与党・野党3党 修正協議で大筋合意


自民は、野党3党と修正協議で、戦争法案に賛成するのは自民、公明の与党だけじゃなくなった。
これら野党は隠れ自民とみなして良いのでは?
完全にシナリオが出来ていた疑惑がある。

もう、力が抜けたぜぃorz

ツイッターで発言した内容は以上

既にツイッター上ではおもしろい話題に移っている。
自民・公明の落選運動だそうだ。

だが過去のことを考えると相当に覚悟をして気がついた皆さんが増えないと。。。。。。

自民・公明が落選して与党が変わってもその次に与党になるのは橋下?
それとも内部に隠れ自民がいる問題のある民主?

うーーーん・・・・ろくでもない結果しか思い浮かばない。

相手はアメリカ好戦派とそれに付き従う良い子な政治家と経団連とマスコミが皆、仲良く結託しているから強大な力をひっくり返すことが出来るのか、巧妙で良い案をひねり出さないと難しそう。

周りを見ている限り、平和ボケしている人たちが多くて悲観的にしか考えられない俺がいる。

とボヤキをいれながら沈思黙考。

一部の報道による変な話を2つ

1.戦争はハイテク化していて高度な武器知識を持たない一般人なぞ、戦力にならん。

2.これからの戦争はハイテク化している。遠隔操作の武器が現在も活躍していて、これからはその比率も増えるので肉弾戦は不要になる。

ってことは自国民の被害がほとんど無しにお気軽に人殺し出来るから税金さえ払って貰えば我々の生命は安全ってこと?

これを考えるに税金さえしっかり!!たんまり払って貰えばゲーム感覚で他国民を殺傷してあげましょうってことかいな。。。。。。
そして・・・・このハイテク技術は当然相手国も持っているので我々国民にも向かってくるんじゃないか?

ハイテク競争で相手の血も見ることなくお互いにお気軽にGame感覚の殺し合いの状況になるのでは?

ってことはどちらも無傷では済まないじゃないか。

ぇ。。。。。。。。

2015年9月12日土曜日

既に始まっている第3次世界大戦

既に始まっている第3次世界大戦

2013/05/29に公開されたもの
この動画は字幕が早いので速読出来ない可能性がある。
PCなら全画面モードにしてスペースで一時停止できるかも。

元url
https://www.youtube.com/watch?v=yRrJ-j-CPcc

第3次世界大戦への道

2013/05/15に公開されているので現時点の状況まで読んでいるでしょ。

元url
https://www.youtube.com/watch?v=7TOr7Pbztd8&feature=iv&src_vid=yRrJ-j-CPcc&annotation_id=annotation_144729

断っておくがアメリカが悪いのではない。

歴史的事実をきちんと話し出すともっと長くなるが、今回は非常に単純化して話す。

アメリカを長い間かかって実質支配してきた金融+好戦派勢力が諸悪の根源。

イスラエルとどう繋がるかというとイスラエルの中枢にいる連中が金融+好戦派であるわけで陰謀論では「金融マフィア」とか「ユダ金」と呼ばれている。

金と暴力でアメリカも実は支配されている。
その暴力国家アメリカを使って世の中を支配してきたのである。

それに騙された「良心的なアメリカ国民」が先頭に立って世界の警察官??として過去の戦争・紛争を起こしてきたのである。

アメリカのイカサマに気がついた一般国民は戦争にも消極的であり、各地でデモも行われている。
アメリカは現在、資金もなくなりつつある状況でもある。


そのため、自力でやりにくくなった米好戦派は世界の警官役を降りたフリをしてそのお先棒を日本に担がせるつもり満々。

今の状況はこんなところ。

動画でも話されているが、ホント?そんなの教科書では習ってないよーーー。
ってアナタ!!

俺の世代でも習ってませんよ。
こんなことは教科書に載ったら大騒ぎになることはわかるでしょ?

知られては困る人が政権を握って力を握って世界を握って来たのだから・・・・・・

(よ)らしむべし知(し)らしむべからず

上のリンク内容を平たく読み砕くと・・・・

一般国民はバカだから、言っても無駄でしょ?
仕方ないから俺たちが勝手にやろうや!!

とういう意味になる。

これが本当に的を得ていて国民のためであるなら仕方ないが・・・・・この言葉はエリート官僚の考え方の本質だ。

しかも悪用して使う。

ついでにマスコミまで動員するのでたちが悪い。
現状の日本のマスコミの信頼度も酷いものになっている。

ところで、ロスチャイルドの話も突っ込みどころがあるのだけれど、どこか判った?

素直すぎるように教育されてきた我が国の教育の結果、疑問にも思わなくなる怖さを伝えたい。

特に人気がなかった(アクセス数で判る)俺のBlogのココも読みなおしてもらえると良い。
このことに気が付かないとマスコミや政府に騙されっぱなしで一生を終わることになる。

99%の平民の理解が進んで、集まればナントカなるんじゃないか?

第三の選択肢までいくのは避けたいよね。


おまけで以下の情報も気になる・・・・・・・

ローマ法王が米議会で初の演説へ 9月に訪米

はてさて、どんな内容なのかなーー。

2015年9月9日水曜日

WindowsUpdate09-09

試験マシン

Win8.1    2

Win7      9

Vista     4

2015/09/09 12:41

最小構成で14項目
最大構成で24項目のUpdateを確認

一般的な注意事項
こちらの環境では大きなトラブルは確認されていない。

トラブル
win7 32bitで一気にUpdate出来ないものを1台確認
シャットダウン時の自動インストールを数度行うことで全部がインストールされた。





2015年9月8日火曜日

来週にも戦争法案可決

山本太郎「なんで大臣なん!?」岸田外務大臣「すいません・・・」 安倍総理 2015年8月25日 国会 安保 最新



俺は国論を二分するためにこの動画を挙げているのではない。

二分された結果は「なんとか革命」で結果が出ている。
俺の話が本当なのか?俺が話をしても信用されないだろう。

でも、「もしかしたら・・・・・ホント?」と思う人が一人でもいたら良い。
皆さんが時間をさいてもらって、調べてみると良い。

革命の結果起きたことは国論を二分して政府が転覆されて起きた国内の騒乱。

革命の結果起きたことは経済至上主義に汚染されて一番大事な国民はmoneyに洗脳されて「疑問に思う」その余裕さえ与えられなくなる怖さ。

ここから各自が現政権の本質を見抜き、各自の判断で声を挙げないとアメリカの好戦派の連中にしてやられる可能性は大であると思っているから。

勿論、日本国内にも好戦派はいる。
なんたら重工やらなんたら経団連やらが背後にあるんだが、その背後にはアメリカ好戦派がいて、その操り人形になったり脅されて仕方なく米好戦派のいうこと聞いた歴代総理が多くいたという事実であると考える。

ってことで一般人には良くわからない

憲法!条約!国連憲章!の解説動画を・・・・・





来週には戦争法案が可決されるぞ。

可決まで残された時間はあと1週間だ。

初耳だ!!って人がこのBlogの読者の大半であると思われる。
気がついた人は今からでも良い。声を上げる人が一人でも多くなることを願う。

現時点で政権寄りと思われる新聞社がマイナンバーに反対の論調の動きを見せているので、この後の新聞社の動きにも目が離せない。

ホント・・・・・・この政権はグローバル企業・米好戦派寄りの法律ばかりつくるのはなんでだろ?
国民のために政治家はあるはずで、官僚も国民のためにあるはずで・・・・・・・・・
それが期待出来ない状況と思われる。

俺が左派に見える?
いいや!!
現政権がイカサマ右翼なだけーーーー。

本当の右翼まで現政権に反対しているらしいぜ?
創価学会まで反対しているらしいぜ?

各人でお調べください。
キーワードは

右翼 反安倍

創価学会 デモ


2015年9月7日月曜日

成功するノウハウ

今回、ご紹介するのは何度かご紹介しているらっきーデタラメ放送局の中でも異例の内容です。
まずは、騙されたと思ってご覧あれ。




支配階級に関する話が???な人はスルーしてもらって、それ以前のらっきーさんの話だけに絞って上の動画を再度、まとめた図を俺なりの補填解説も加えてみます。

きっかけ
(「突然やりたい!!」と思うにも視野が広いほうが有利)



最終目的
(明るい未来を持つのは大事でこれが頑張る力となる。この段階ではプラス思考で行こう。人にアホじゃない?って言われても、否定的な話を聞こうとも気にする必要なし。)


情報収集
(肯定する情報も否定する情報、その両方を調べたほうが正しい判断が出来る。迷ったり検証したりすることもアリ!!)


行動
(ここで一気に行動に出ることになるがタマには立ち止まって今までの経過とその行動が目的に合っているか正しい判断なのかチェックしよう。このために「きっかけ」の手順まで戻って再度考慮するのも無駄にはならない)


問題解決
(明確な最終目的を持っているなら、ここが踏ん張りどころ。問題がうまく解決出来ないなら、情報収集の手順を再度行う必要もアリ。人に相談するのもアリ。この項目に関してはまた後ほど話をしてみたいと思う)


目的達成
(難題を自力で成し遂げた時の成功体験は次の新しい目標達成の為の大きな原動力となる。本当の意味であなたの人生の財産になることを請け負う!!。この項目に関しても後ほどお話致します)

2015年9月6日日曜日

ケネディ暗殺事件の背景

【ケネディ暗殺事件】 こんなはずでは !! 1/10
自動再生されます。



お休みで時間のある人は10/10まで通して御覧ください。

こんな番組が地上波で放送されていたとは驚き。
TV朝日の本気度が感じられる好番組と思います。

つい最近、見つけた動画なのですが、(他の動画より多角的な分析が行われていて秀逸)この動画の中身から何が見えてくるのか皆さん自身でお考え頂きたい負のアメリカ史です。

ただ、地上波で放映している事、それ自体が真実の一部にあえて触れない場所もある気がします。

触れない場所をこの動画のコメント欄で書いている人がいたりして・・・・
その発言を以下に抜粋

事件から早50年、我々も、そろそろこの事件の真相を知らねばならない時に来ている。首謀者は世界最高の秘密結社300人委員会、その関連機関、王立問題評議会〈RIIA)、外交問題評議会(CFR)他のユダヤ金融財閥が支配する関連機関である。アメリカは完全に彼らの支配下にある。ケネディは彼らに逆らったが故に処刑された。これが真実である。アメリカ大統領は本来は操り人形である。ケネディはその立場を忘れて自己の信念に基づいて行動しようとした。飼い犬が首につけられていたヒモを外して主人の手から離れて自由に行動しようとした。過去にはリンカーン、マッキンレー、ロバートケネディ、そしてアメリカではないがローマ法王ヨハネパウロ1世も犠牲者である(ゴッドファーザー3鑑賞)。つまり真実の正義の心を持ってアメリカ、バチカンの改革を行おうとしたもの達が邪魔者として消されてゆく。これが歴史の真実である。選ばれたプロの狙撃手3人によって公開処刑は行われた。銃はドイツ製のモーゼル狙撃銃であった。勿論ウォーレン委員会などは真相もみ消しための政府機関である。この番組を製作されたテレビ局、投稿していただいた投稿者に感謝を捧げます。

抜粋以上

真実を追求すると死が待っている?

正義を追求すると死が待っている?

かといってそれを恐れて黙っていたら家畜になる。
家畜は肉やタマゴを収奪される。

屠殺されるのがイヤな人は進んで屠殺会社のしもべになって家畜の屠殺人でもしますか?

まぁそういうことなんだろうと思います。

しかし!
民意(国民の気持ち)と民度(国民の知識力・道徳力)は力になるはず!!

これはアメリカに限った話ではないのです。

日本でも過去に非業の死をとげている政治家や記者や有名人がいますよ。
他殺に扱われないで、自殺とか事故死と報道されるので判りにくい事件もあるのです。

その背景も似たようなもので、邪魔なやつを排除する連中がいたりする。

少しは自分のことばかり考えずにこんな酷い状況を打開することを考える政治家や一般人が増えることを願って。