カテゴリー

政治 (181) ためになるサイト (152) マスコミ (129) リスク管理 (128) 哲学 (125) 心理 (122) 戦争 (114) 教育 (114) セキュリティー (95) 洗脳 (90) 歴史 (76) 経済 (67) Windows (63) 脆弱性 (61) 健康 (46) 科学 (44) 事件 (42) おもしろサイト (41) 事故 (41) 病気 (39) 原発 (30) 宗教 (30) 金融機関 (20) 災害 (17) 現状報告 (5)

2015年6月30日火曜日

騙される言葉(暫定リスト1)

是々非々:本来の意味での”是々非々”は一定の立場にとらわれず良いものは良いと言い、悪いものは悪いと意見表明するものである。
しかし、その実態は日和見(風見鶏とも言う)・餌になびく(まぁ餌に釣られて演技するワンコね)の体裁を繕うために用いられる。


国を守る:国は守るが国民は・・・知らね・・・的な発想をごまかすために使われる。


平和のため:平和を守るためなら国民の血税や自衛隊の命くらい使ってエエやんと言うロリ・・・ちゃう!論理。


この財政危機に関しての説明は日本国のみ有効

財政危機:政府と高級官僚とそこから利益を得られる(既得権者)連中が国民を食い物にしてきた結果生まれた借金のこと。
尚、その借金の実態は国民が持っている資産で買っている国債であり、その借金の利子は国民に払うはずだがその利子が払えないためにその利子の穴埋めを税金で賄う高度な戦略をとっている。
それがかなわない場合はデフォルトさせるぞ!と脅すことで成し遂げる戦略。

この項目は安倍政権独特の論理であることに注意(テストに出しますよ!! ぇ)

国の威信をかけて:国と政府と安倍首相の威信が大事であり、あとは野となれ山となれ、国民や自衛隊は花と散れ!という思想。


国家存立の危機:って言いくるめ国民にリスクを煽り立て、結果として国民にリスクだけを転嫁するもの。


国民の皆様にご理解をいただき:「お前ら俺の言うことを聞いていりゃエエんだよ。わかったか!」という本心を隠し、いかにも穏便な人に見せかける理論の前置きとして使用される。
その為に学識経験者や学者や有名人を呼び民衆を騙す戦略を取る。
ちなみに今までの教育の結果、それらの発言を疑いもしない国民はそれに納得しちゃうことが問題である。


政治的中立性:ささっと聞くと正しいように聞こえるが実態は”政治家に都合の悪いことはごちゃごちゃ言うな”と同義と思われる。


風評被害:他の場所からの攻撃から守るように見える言葉で、一般人はそれに反論できなくさせる戦略的言葉。
簡単に言うとデマ扱いをして真実を告げる者の口封じが可能となる。
ホントにデマなのか真実なのかを良く検討もせず政府やマスコミが使うことが多く、それが世間一般の常識となる恐ろしさを内包している。
因みに海外では風評被害という言葉を使うことはめったにないのになぜ日本だけ多用されるのか日本不思議発見!!な事象である。


事象:筆者が初めてこの画期的な言葉を聞いたのが311のフクイチ原発事故であった。
高級官僚や政治家の発言の中に”この事象に関しましては”という言葉が多用され、2ch系統の人から事象じゃなく事故だろ!!
とツッコミが入っていたのは素晴らしい。
”事象”という言葉は科学的に見えて事故の甚大さを隠す効果がある。
と言いながら真実を追求するには程遠い対応であったことはしっかり事故を見てきた人からすれば明らかであり詐欺的な発言であったことは言うに及ばず。


公平:公平という名の不公平は世の至る所に存在する。
本当に公平なのか、この公平が真に正しいことなのかよく見極めないとその本質を見誤る。


動物愛護:すべてのものに愛護を求めたら動物自体が生きていくことは出来ない。
動物愛護のために人を罪に落としいれた悪法も江戸時代にあった。ご存知、生類憐れみの令である。
現代ではどこかの愛護団体が動物愛護のために人を傷つけているのは本末転倒。
本質的に動物愛護を求めるなら仏法の道に入り即身仏が早道かもしれない。

動物愛護の線引を求める基準が各国バラバラである。
その価値基準が心の問題から起きているようにも見え、食料確保の問題の駆け引き材料として扱われているようにも見える。


正義:正義の定義が各国。・各人バラバラなのは言を俟(ま)たない。
そこで正義の議論をするから喧嘩が起きる。正義の話で喧嘩が起きるのも本末転倒。


宗教:過去の宗教戦争をみればイカサマさが見て取れる。
宗教の分家で分派してきた経緯を見ればイカサマさが見て取れる。宗教とはなんぞや?
政治のことを祭り事と言ってきた。祭り事とは祭事であり祭事は宗教と切って切れないもの。
過去に宗教が政治に口を出した時期が長く続きこれではマズイ!ということで宗教分離がなされたはず。
現在の日本は宗教分離が建前であるのになぜか背景にリッパ?な宗教団体が控えていたりしてそれでもマスコミも政府も何も言わない不思議さ。
言っていることがごちゃごちゃになってきたが、宗教とは民衆の心も掴むので扱いが厄介な存在である。

◯◯なくして☓☓なし!:通常◯◯と☓☓の因果関係がないと破綻する話である。
政治家の発するこの言葉は因果関係があるような表現をするだけで科学的・論理的な因果関係があやふやなことが多い。
しかし素直な一般国民にその発言を信じさせる効果を持つのでよく政治利用される。
最初に利用されたこの論理構造は小泉首相の郵政改革だったと記憶している。
ゴロが良くその当時は国民の圧倒的支持を得られたことからこの手の発言を政治家がお手軽に利用して今日に至る。
その手口に未だに素直な国民はなんとなーーーく信じてこまされ騙されている人も多いと思われる。
って書くと詐欺師の手口か?って思わせるというか・・・・詐欺師そのものかもしれない。
詐欺師はアナタを狙っています!!気をつけよう!その手口 by私設ケイサツ庁

皆さんの投稿も募集中
集まったら第二弾もあるかも。

2015年6月25日木曜日

病気の原因を探る(2)

今回に関しては病気の原因の一因を探るものなので興味のない人は見飛ばしてください。
今回は甲状腺に関する話題。

ちょっとだけ興味があるが苦労したくないって人はタイトルだけ見てもらい興味のある場所だけみていくのもアリ。



リンクが面倒な人は対象になっていません。
本当に困ったらここを見に来てください。

リンク先に大量の文章があるため、本気な人だけリンク先をたどってください。

甲状腺の病気について ( 甲状腺の役割 )
http://www.ito-hospital.jp/02_thyroid_disease/02_2function_of_thyroid.html

甲状腺とは
http://www.med.nagoya-u.ac.jp/nyusen/sick/thyroid/thyroid.html

どうもこれらをみると多すぎてもダメで、少なすぎてもダメらしいことが判る。

甲状腺ホルモンが減少する病気
http://www.kuma-h.or.jp/index.php?id=72



甲状腺・副甲状腺について
http://thyroidclinic-wakamatsukawada.com/thyroid/many.html

これらを見ると甲状腺は免疫力を上げる抗体をつくる器官であるらしいことが判る。

なんとなくの不調は、甲状腺のホルモン異常が原因かも?
http://www.h-drs.com/?cn=101311

甲状腺疾患とは
http://www.tomobe-cc.net/tounyo-koujyosen.html

甲状腺機能低下症
http://www.kuma-h.or.jp/index.php?id=72

ここにもっともらしいことが書いてあるので抜粋
甲状腺機能が低下するメカニズムには、主に次の3つの種類があります。
1.甲状腺そのものが原因であるもの
これを原発性甲状腺機能低下症といいます。甲状腺が破壊される病気によるものが代表的です。最も一般的によく見られるのが、このタイプの甲状腺機能低下症です。
2.脳下垂体から分泌される甲状腺刺激ホルモン(TSH)が不足したため甲状腺が刺激されなくなっているもの
これを中枢性の甲状腺機能低下症といいます。TSHが減少したり、また、視床下部から分泌されTSHを刺激するホルモン(TRH)の減少によっても生じますが、いずれのケースも、まれな病気です。
3.甲状腺ホルモンは分泌されているのに、その刺激を組織が受容できず、反応性が低下しているもの
これを甲状腺ホルモン不応症といいます。これは、甲状腺ホルモン受容体遺伝子の変異が原因です。この病気も極めてまれです。

さて、では俺の疑問は・・・
甲状腺が破壊される病気によるもの とあるがこれは何故起きるのか?
甲状腺刺激ホルモン(TSH)が不足したとある場所でなぜ不足するのか?
甲状腺ホルモン受容体遺伝子の変異が原因です。とあるがなぜ組織の変異が出てくるのか?

本質的な原因にまで踏み込んでいない。

甲状腺の病気の原因①
http://koujousen.net/kisocisiki_genin.html

こちらでは自己免疫の疾患について触れられているが、なぜ自己免疫がおかしな挙動をするのかまで解明されてない。

自己免疫疾患
http://merckmanuals.jp/home/%E5%85%8D%E7%96%AB%E3%81%AE%E7%97%85%E6%B0%97/%E8%87%AA%E5%B7%B1%E5%85%8D%E7%96%AB%E7%96%BE%E6%82%A3/%E8%87%AA%E5%B7%B1%E5%85%8D%E7%96%AB%E7%96%BE%E6%82%A3.html

さて、ここに父のかかった皮膚病に近い病気が出てくる
水疱性類天疱瘡というもので、これの特殊な形が父のかかった病気。

ここにはそれらしい原因が挙げられていますね。
が・・・・本質的な原因はどうも曖昧な表記です。

ここでいかにも素人的な、でも示唆に富んだ質問がありますのでご紹介
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/2984641.html

ベストアンサーに選ばれた答えは・・・・
簡単に言ってしまうと「弱り目に祟り目」ってことかな?

俺の考えに近いのは№1の人の解

ここはキモになると思われるので一部転載させて頂きます。

免疫力なくして病気は治りません。免疫力は治癒力そのものです。

良いところに目を向けられましたね。矛盾する?何かおかしい?と感じられたからです。

本来は外敵を攻撃するはずのリンパ球が勝手に間違いを犯して自分の正常細胞を敵と認識して攻撃し、その結果炎症がおきるという過剰な免疫反応を自己免疫疾患の原因ととらえると確かに矛盾しますね。

しかし、例えば温泉の湯治や、入浴など体を温めると体は自己免疫疾患の患者さんも大変楽になります。簡単には治りませんが、それを続ければ続けれるほど悪化するどころかもっと楽になります。この時はリンパ球は以前より増えてるのですよ。

おかしいでしょう。理屈からいうと酷くならないといけないはずなのに。免疫過剰が原因と考えると患者は入浴なども含めて免疫を上げることを禁止しなくてはいけないはずです。でも現実はどうですか。明らかに矛盾を抱えていますね。

当然、治療はステロイド、非ステロイド抗炎症剤、免疫抑制剤などを使いますね、免疫過剰が原因なのですから。

しかし、いくら免疫を抑制したところで、一時寛解があったとしてもそれで治癒にいたりますでしょうか!?

治癒に至らないのは自己免疫疾患の本態の捉え方が間違ってるのではないでしょうか。免疫過剰ではなく免疫抑制だからです。免疫抑制でおこってる病気にさらに免疫抑制する治療で良くなるわけはありませんね。

アレルギーなどリンパ球が増えて免疫過剰ために起こる疾患もありますが、ガンにしても殆どの病気は免疫抑制が引き金です。

自己免疫疾患は初期はともかく慢性期は交感神経が緊張、免疫の抑制、顆粒球の増多で活性酸素による組織破壊が起きます。この時破壊された異常自己細胞を処理するためにリンパ球の一つである胸腺外分化T細胞(NKT細胞)が活性化して炎症を起こします。

このリンパ球は顆粒球と同じくアドレナリン受容体をもちストレスなどで免疫抑制状態(胸腺は萎縮)のとき交感神経が緊張して活性化します。

リウマチ患者の血液や関節液を調べたデータがありますが、例外なく抹消血中には正常範囲を大幅に超える顆粒球の増多がみられ、中でも関節液はその98パーセント、ほとんどが顆粒球で占められています。残りがNKT細胞などのリンパ球ですが、少ないリンパ球を活性化させて必死で活性酸素で破壊された異常自己細胞を処理してるのです。

免疫抑制が原因であれば、免疫を上げることはまったく矛盾しないことになります。免疫抑制なんてもってのほかではないでしょうか。

自己免疫疾患の患者さんはストレスやクスリの影響で必ず、血管が収縮して血流障害、虚血などともなって体温が下がっています。また、冷えとともに、頻脈で不安、不眠、高血圧、高血糖、便秘、食欲低下、などでさらに体調を悪くしてることが多いようです。

どんどん体によい事をして下さい。免疫力は治癒力です。免疫力を上げる基本は軽い運動、散歩、玄米菜食などの食事はもとより入浴、笑いの多い生活を心掛け、体温を上げて血流を良くすることです。

ストレスのある生活を見直し、クスリを減らし、しっかり体を温めることを続けていくと活性酸素を出す顆粒球の数と割合が減って、治癒に必要なリンパ球が増えてきます。

転載以上

質問者がなぜこの№1をベストアンサーにしなかったのか非常に疑問です。

質問者がベストアンサーにしなかった理由が皆さんに判るでしょうか?
この話に関してはまた後でお話したいと考えています。

一部しかその原因が判っていなくて本質論から外れた指摘をしているサイト
見ても良いけど解決策とは程遠い。
http://www.phadia.com/ja/7/2/2/
http://www6.ocn.ne.jp/~syunran/menekifuzen.html
http://www.yakuji.co.jp/entry9135.html

尚、すでに解答は用意してあるのですが、長文なので後に持ち越します。

2015年6月22日月曜日

常識を疑う

【大発見】これまで存在しないとされていた脳の管が発見された

より本文だけ転載

2015年6月7日 THE CAST 編集部


存在しないと言われていた脳と免疫系を直接つなぐ管が発見された

現地時間2015年6月1日、バージニア医科大学が今までの人体のリンパ系に関する常識を覆す発表を行いました。
その内容とは、「脳と免疫系を繋ぐ管が発見された」というもの。
これは、医学の教科書が書き換えられるほどの大発見となりました。


リンパ系は脳に存在しないとされていた定説

遡ること350年前の1653年、Olaus Rudbeck氏とThomas Bartholin氏が同時期に発表したリンパ系発見に関する論文によると、「体中にはリンパ系組織が張り巡らされているが、脳には存在していない」と言われていました。
しかしながら、「悪性リンパ腫」などのように脳にリンパ系組織がないはずなのに引き起こされる病気も存在していました。
その矛盾点に、医学者たちは長年頭を悩ませていたのです。



しかし、350年の時を経て遂にその謎が解明されました。

バージニア医科大学のJonathan Kipnis教授の研究チームはこの発見をした際、脳を覆う髄膜を観察していました。
もともとは多発性硬化症に関する調査を目的として行っていましたが、偶然髄膜内にある血管の横に細い管を発見。
その管が、脳内には存在しないと言われていた「リンパ管」だったのです。

脳研究を飛躍的に進歩させる大発見。ノーベル賞も確実視されている

この世紀の大発見を元に、今後はアルツハイマー病や自閉症までかなりの広範囲に渡る研究が飛躍的に進むと考えられています。
さらに、この発見は350年間常識とされていたリンパ系の問題に終止符を打つ大発見とされ、現在ノーベル賞も確実視されているとのこと。


医学界の新たなブレイクスルーとなったこの発見が、今後どのような発見に繋がっていくのか。
期待が膨らむばかりです。

転載以上

新しく発見したバージニア医科大学には賛辞を!!!

しかし・・・・しかしだよ?・・・・・・・
今更、リンパ管を発見?

素人的意見を言いたいんだが・・・・・・・・・・・

あのさ・・・・・・過去に沢山の解剖とかしているはずだよね。
医学的な実験もしているはずだよね。
高解像度の電子顕微鏡もあるはずだよね。

今頃にならなくては発見できないってその理由はなんだろう。

俺なりに考えてみた理由を以下に。

1.医学関係を習う際に先生から教えてもらった「常識」を疑問に思わなかった人が多かった。
2.リンパ管を追跡するにはリンパ管の観測技術が不足していた。
3.リンパ管の働き自体を軽視していた結果、研究が後回しで今になって発見された。
4.俺はそっちの専門じゃないもん・・・・って思う医学関係者

読者の皆さんで今更発見されたことに驚かない人がいたら、ご自分の頭を疑ったほうがよろしい。

尚、他に理由があるかもね。
皆さんも考えて見て欲しい。

そして俺なり今回の「発見」にツッコミを入れてみた。

もし1.が正しいなら疑問に思わない医師や医学の研究者の落ち度でそれでエライ医者がまかり通るのか?

もし2.なら、これは仕方ない?
そうとも言えるがよく考えて見てくれ。
人は夢を実現しようとする。それを実現しようとして様々な実験やら考察やらがなされてきた。
それが現代文明を産んだ原動力になったはず。
ってことはそんな夢は医者や医療研究者にはなかったのかな?

もし3.なら軽視した事自体に人間の「おごり」なり「至らなさ」がある証明になる。
もし儲からないという理由ならこれは仁術じゃなく算術の輩(やから)が多かった結果?

もし4.ならそれって学問じゃないだろ?医療商売としか考えられないんだが、俺が疑いすぎ?

そもそも・・・・・・
今までの人体のリンパ系に関する常識を覆す発表を行いました。って「常識」ってなんだ?
医学の教科書が書き換えられるほどの大発見・・・・・
ってことは一部全く違った医療技術を使っていた可能性もアリってこと?

リンパに関しては311以降、俺はかなり注目していてその重要性には気がついていたが、俺もこの発表を見て唖然としたわけね。

俺の頭の中では甲状腺がかなりの部分のホルモン物質と免疫物質の司令塔的な役割を担っていて、甲状腺は脳と連携をして動いていると思っていた。

この甲状腺の働きは人間の健康度を示すバロメーターの一種でもあるくらい重要な位置づけだった。

そんなことを考えているうちに腸内細菌の発見???で医療界は大騒ぎ

最近になって「常識」がコロコロ変わることにかなり不信感を抱いたのです。

新発見とか言っているがそれって言い方を変えたら未熟の証でもあると思われる。

俺からの一言

「常識を疑うことが学ぶことの常識」


医学関係者を含めた全ての人からの反論を募集します。

2015年6月17日水曜日

「真実を探すブログ」さんと憲法学者の小林教授のコラボ

真実を探すブログさんより異例の全文コピー

真実を探すブログさんNice!!!

アクセス数の多い「真実を探すブログ」さんと憲法学者の小林教授のコラボならなんとかなるか?と思いこのサイトを紹介した次第。

俺が言ったんじゃない(責任回避かい!とのツッコミ覚悟)ので騙されたと思って見て欲しい。

転載開始

2015.06.16 21:25|カテゴリ:政治経済| コメント(56)

日本メディア触れず!憲法学者の小林教授が記者会見で安倍政権を支配している「日本会議」について言及!エコノミスト紙や仏誌もその存在を指摘!


20150616211140spd@fo.jpg
6月15日に憲法学者の長谷部恭男氏(早稲田大学法学学術院教授)と小林節氏(慶應義塾大学名誉教授)が開いた記者会見の中で、安倍政権を影から支配していると言われている「日本会議」について明確な言及がありました。

会見の質疑中に雑誌エコノミストの記者が『安全保障法制を「合憲」としている3人の学者は皆「日本会議」に属している。その意味や、「日本会議」の影響力をどう見ているか』と質問したところ、小林氏は『日本会議に沢山の知り合いがたくさんいるので私が答えますが、日本会議の人々に共通する思いは、第二次大戦で敗けたことを受け入れ難い、だから、その前の日本に戻したい』と述べ、日本会議の目的は戦前回帰であると強調しています。

更に上記の発言に続けて、『かれらの憲法改正案も明治憲法と同じですし、今回もそうですが、日本が明治憲法下で軍事五大国だったときのように、アメリカとともに世界に進軍したいという、そういう思いを共有する人々が集まっていて、かつそれは、自民党の中に広く根を張っていて、かつよく見ると、明治憲法下でエスタブリッシュメントだったひとたちの子孫が多い』と日本会議の正体を明らかにしました。

日本会議は安倍晋三首相を始め、安倍政権の閣僚が8割以上も所属している一大組織です。憲法改正や国家神道を強く掲げ、自民党議員を中心に野党系の議員らも多く所属しています。

また、大企業の関係者や知名度を持った有識者らも所属しており、正に日本の政治情勢を影から動かしていると言えるでしょう。
日本のメディアは小林氏の回答を報じないばかりか、日本会議の存在その物をあまり報じていません。


☆【詳報】「安全保障法制は違憲、安倍政権は撤回を」〜長谷部恭男氏・小林節氏が会見
URL http://blogos.com/article/116803/

引用:
ー政府は集団的自衛権を行使する場合の想定シナリオをなかなか出さない。具体的には、どういう事態を想定しているのか。なぜ出さないと思うか。

また、安全保障法制を「合憲」としている3人の学者は皆「日本会議」に属している。その意味や、「日本会議」の影響力をどう見ているか。(エコノミスト)

長谷部教授:最初の質問については私の方から。具体的な例は簡単には思いつきません。政府が果たして具体的な例を想定しているのかどうかも私にはわかりません。ホルムズ海峡の件については、ご存知のようにイランとアメリカは友好的な関係を迎えつつ有りまして、ホルムズ海峡が封鎖されることも具体的には想定しにくいと思います。

むしろ、政府の側は、集団的自衛権が行使されること、それ自体が目的なのではないかと考えております

小林教授:日本会議に沢山の知り合いがたくさんいるので私が答えますが、日本会議の人々に共通する思いは、第二次大戦で敗けたことを受け入れ難い、だから、その前の日本に戻したいと。かれらの憲法改正案も明治憲法と同じですし、今回もそうですが、日本が明治憲法下で軍事五大国だったときのように、アメリカとともに世界に進軍したいという、そういう思いを共有する人々が集まっていて、かつそれは、自民党の中に広く根を張っていて、かつよく見ると、明治憲法下でエスタブリッシュメントだったひとたちの子孫が多い。そうするとメイクセンスでしょ(笑)。
:引用終了

☆ナショナリズム団体「日本会議」の危険性:エコノミスト紙や仏誌が相次いで指摘
URL http://newclassic.jp/24129

引用:
安倍政権に多大な影響力
日本会議のメンバーは、国会議員の大半を占めるばかりではなく、安倍政権の閣僚の多くを構成しており、安倍首相自身も同団体の特別顧問として名を連ねている。
The Economist 誌 は、2012年に自民党が発表した新たな憲法草案は、多くが日本会議の思想に基づいていると指摘しており、彼らの存在は、韓国や中国の民族主義者に日本の軍国主義の高まりを主張させる根拠になり得る、と述べている。

戦後に押しつけられた歴史を塗り替える
一方で、 L’Obs 誌もまた、日本会議を「国際社会からそれほど注目されていないものの、影響力のある団体」と紹介する、「Japon : la face cachée de Shinzo Abe」と題された記事を掲載した。
:引用終了

☆Japon : la face cachée de Shinzo Abe
URL http://tempsreel.nouvelobs.com/monde/20150521.OBS9364/japon-la-face-cachee-de-shinzo-abe.html

20150616210451ps@odf.jpg

☆安倍内閣を支配する日本会議の面々――シリーズ【草の根保守の蠢動】
URL http://hbol.jp/25122

20150616211357psod.jpg

☆<安保法制>小林節名誉教授「狂った政治は次の選挙で倒すべき」


☆安保関連法案の撤回訴え会見 長谷部・小林氏が痛烈批判


☆憲法改正の実現へ!日本会議代表者大会 各党代表(25.11/3)



記者会見を全て見てみましたが、安倍政権への批判よりも日本会議への言及は本当にビックリしました。教授らは別に隠しているような感じでないのに、日本のメディアが存在を殆ど報道しないのはちょっと異常です。
朝鮮統一教会との問題もそうですが、安倍政権を裏から支えている組織には妙にタブーが多い感じがします。

関連過去記事

☆神社本庁が鎮守の森を原子力村に売り飛ばしていたことが判明!反対する宮司は追放!安倍首相の地元で!
URL http://saigaijyouhou.com/blog-entry-4246.html

全文コピー以上

さーーて・・・・・この情報なんですが、大手マスコミしか見ていない(例えば俺の母とか・・・・・)信じてくれますかね^^;

母の場合は事あるごとにいろいろ話をしていますから多少マシでしょうが、一般のお年寄りや大手マスコミしか見て居ない人、学校で習っていることが全てと思っている人たちは意外と多いのです。。。。。

これを打破するために俺のBlogを立ち上げたわけなんですが、面白おかしい場所のアクセス数が多目で深刻な内容となるとスルーされる傾向にあります。

それなりに工夫もしているのですが、集まってくるのは同類が多くまだ諦めてはおりませんが、苦戦しています。

日本会議とか統一教会とかの話も知ってはおりましたが、まだ一般の人に話をしても通じないかと思い止めていました。
が・・・・・やっぱりこれは紹介せな・・・・と思う深夜3時に起きていたおっさんがいます。

追記:最初に紹介した「真実を探すブログ」さんのサイトに秀逸なコメント多数
ぜひ御覧ください。
注意:コメント欄にアルバイトで小遣い稼ぎをしている要員が汚い言葉で書き込んでいます。

頭、オカシイんじゃね?と思ったら


モニタリング プログラム ネット書き込み監視


とかの検索キーワードで探してみると良いかもですね。
法人向けが大多数ですが、これは炎上防止のため。全部とは言いませんが隠ぺいの使われるのが大多数と思われますが、同業他社からのいやがらせもあったりするので、そういう意味ではネットの光と影に該当するような商売です。

どこがここに払い込んでいるのか?は資金があってそれなりに自分のところに有利な世論を形成したいところです。

政治関係については・・・・・・・
普通に考えればそんな企業は存在しません。

内閣官房費とか◯◯党とか◯◯会議とかお布施とかetc・・・・・・・・・
どこでしょうね~。


書き込みの件に関して解説しているサイト

増え続けるネット上の“やらせ書き込み” ステマ代行業者「着手金5000円で書き込み1件1500円から」

ちなみ私の知る限りですが・・・私の4世代前までは知っており日本人ですよ。
その前から先はわかりません。
その人間が日本の現政府に文句を言っております。
右翼ではありませんし左翼でもないと思っているフツウの日本人です。

大手メディアと政府の関係

社説:国旗国歌の要請 大学の判断に任せては


国が金を出しているんだから、
「お前ら、国の言うことを聞かないと、あれだぞ?あれだ、あれ!!!!全部言わせるな!!」
的な脅しだろうね。

大人の脅しではあるが政府がこれをしちゃっうのはマズイでしょ。。。。。

ついでに小中高は文科省が多大な権限をもっているので、文科省のいうがままになるだろうことは目に見えている。

京大の准教授の収賄の話だってこれは・・・・・京大への圧力じゃないか?と取られても仕方ないくらいのはした金。
もっと官僚や警察はやることがあるんじゃないか?

そもそも数少ない政府に歯向かう大学なので狙い撃ちかな。
他の京都大学関係者も気をつけてね~。

全然、話は違うように感じるが北野武氏だってあまりにも言いすぎて国税局の査察が入ってそれから少し大人しくなった大人のコメディアン。。。。

こういうことが一罰百戒で世の中がビビることを狙っているんだろ。
勇気をもって発言する人が増えてこないと、どんどんマズイ方向に行ってしまうと思える。

俺が見るに・・・同じことを思っている人たちは隠れているだけでかなりいるんじゃないか?
勇気をもって発言すればそれを応援する奴も出てきてそれをみて後押ししてくれる人が増えてくるのが日本人だ。
政府や官僚のイジメに負けずに発言すれば、正しい方向に行くのではないかな。
それを支える人も増えてくるはずと信じたい。

一罰百戒であることを見破り、罰せられた人を応援する正しい目線を持つべきかと思うよ。

自民党国対、憲法審査会の“凍結”要請


自民にとって都合の悪い話はするなってことね。

これは以前話をした朝日とNHKを官邸に呼びつけたのと同じ圧力だ。
無言の圧力だってマズイのに政府が発言しちゃっているよ。。。

俺からのアドバイスなんだが、余りにもくだらないと思われるニュースがあった場合、ウラでナンカ悪いことをしていると思うよ。
面白おかしいニュースもしかり!!
海外のニュースが報じられた時は国内で可能な限り知らせたくないニュースがある。

最近の例では渋谷の安倍政権の安全保障法制反対デモがあった日はなぜか香港のデモに差し替え
どっちが大事なんだ?!!!!

NHKは19時に香港の話をニュースで出していて安全保障法制反対デモは無視
さすがにNHKの良心が働いたのか?21時前のニュースでやっと安全保障法制反対デモのニュースが流れた。

勿論NHKにも安倍政権の息のかかった連中がいて、良心をもった職員もやりにくいだろう。
でも、そこで萎縮していたのでは目覚めた国民が徐々に増えつつある中、国民全体から見放されると思うよ。

そもそもー大手メディアと大手企業のお偉いさんが安部首相と度々食事会しているのは知っている?
何のために食事会しているんだろうね。
奢られたら、これは悪口が言いにくいよね。
奢られたから悪口を控えようってのはメディアのあるべき姿ではあり得ない。

海外メディアの大多数は取材先からお茶の一杯ももらうことを恥としている。
日本人だけが恥の文化としているのと違うんだ。
メディアの独立性を発揮している大手メディアは。。。。。
俺が見ている限り地方紙の一部だけ。

その地方紙だってある最南端の二紙が菅官房長官となんかヒソヒソ話をした感じで。
脱税容疑でもちらつかされたのかな?


悪代官「お主もワルよのう・・・・・・・」

越後屋「いえいえ、お代官様にはかないまぜん。うふうふ、なにとぞ、よしなに」

よりひどいんじゃね?

越後屋は脅されて奢られて黙っちゃう。。。。


みなさんも可能な限り大手メディアも見るのは勿論、ネットのニュースも見て、その差異を発見して欲しい。
嘘だろ?って思う人には現在、打つ手無しだが、俺の話を聞いて「頭がおかしいんじゃね?」って人はまだ救いがあるので一週間で良いからネットと大手メディアと比較してみて欲しい。

2015年6月15日月曜日

沖縄戦 全記録

NHKスペシャル「沖縄戦 全記録」



NHKスペシャル「沖縄戦 全記録」20150614 投稿者 gomizeromirai

戦争の悲惨さにきちんとあなたは向き合えるか!
いえ!!向き合ってください。

目を逸らしてもいけません。
今でなくても良いですから時間のある時にじっくり見て欲しい番組です。

なぜ悲惨なことになったのか検証もされていますのでご自分でそれが正しいのかも確認出来たら最高です。

NHKの良心なのかな・・・日本人はもとより世界の人が見て欲しい。

2015年6月14日日曜日

病気の原因を探る(1)

今回は活性酸素とフリーラジカルに関して

今回に関しては病気の原因の一因を探るものなので興味のない人は見飛ばしてください。

どうも・・・・俺の発言だと信用されないので信用できそうなサイトを集めてみた。


ちょっとだけ興味があるが苦労したくないって人はタイトルだけ見てもらい興味のある場所だけみていくのもアリ。

リンクが面倒な人は対象になっていません。
本当に困ったらここを見に来てください。

リンク先に大量の文章があるため、本気な人だけリンク先をたどってください。

http://www9.plala.or.jp/sophie_f/disease/cerebral20.html
元の場所を見るに(脳神経外科看護メモ)この文章は医学系の人と考えられる。
TOPは
http://www9.plala.or.jp/sophie_f/disease/index.html

より転載

◆フリーラジカル(活性酸素)とは?
 フリーラジカル(活性酸素)とは、脳などの細胞が脳梗塞などで障害を受けた場合に、障害を受けた細胞から放出される「活性因子」です。この「フリーラジカル」が周りの脳細胞に影響を与えて、脳梗塞による被害をより広げてしまう「遅発性神経細胞死」という現象を引き起こします。
「脳が特にフリーラジカルからのダメージを受けやすいのには、二つの理由がある。一つは、脳が常に活発に働いている臓器であるため、フリーラジカルの生まれる温床になりやすいこと。脳細胞はエネルギーを作るために、常に血液と酸素の潤沢な供給を必要としている。これが、フリーラジカルの生成量を増やすことになる。二つ目の理由は、脳の50%が脂肪で出来ていて、酸化しやすい材料が豊富にあることだ。」 レスター・パッカー博士(米国、カリフォルニア大学バークレー校)

化学的に述べると次のようになります。 まず体内に入った酸素は他の物質と結びつく過程で、電子を1個余分にもらうことがあり、スーパーオキサイド・アニオンと呼ばれる、大変不安定で反応しやすい酸素に変わります。これが活性酸素の母体となり次々と他の物質と反応して、過酸化水素、ヒドロキシラジカルなどの第一次活性酸素を産生します。そしてさらに、この第一次活性酸素は脂質などと反応して、過酸化脂質や各種酸化物質をつくり出すのです。これらを一括して「活性酸素」と呼ばれています。

転載以上

がんの発生を促進するフリーラジカルとは
http://www.1kampo.com/freeradical.html
こちらも間違いなく専門家ですね。
TOPは
http://www.1kampo.com/shoukai.html
以上のことよりフリーラジカルは身体にとって良いこと無しなのが透けて見える。

俺がさんざんにこき下ろしている医者とは別物のお医者さんだと思うよ。

こっちは薬剤師のページ
http://www.komorebi.org/kaisetu/freera.html


フリーラジカル(free radical)
http://www.remnet.jp/lecture/words2003/06051.html

緊急被ばく医療研修のホームページがTOP
これはプロ中のPro用?サイトかな。
http://www.remnet.jp/index.html

これわかりやすい!
なおこと一緒にお勉強
http://www.miotsukushi.com/oxygen/oxygen1.htm

元製薬会社営業マンの心と体の悩み解消法ノート
http://www.pill-case.com/312

こっちは何屋さん?肉屋さん?と思ったら岡山大学??の・・・・ページで
掲載元は日本獣医畜産大学畜産食品工学科肉学教室
まぁ肉屋さんとまんざら関係ないわけでもなさそう。
今さら聞けない肉の常識
http://www.agr.okayama-u.ac.jp/amqs/josiki/26-9507.html
こちらが肉関係のTOP
http://www.agr.okayama-u.ac.jp/amqs/josiki/


末尾でぼやいてみる。
権威とか資格とかって素晴らしいものもあるが、そればかりじゃなくて、頭が硬直化している人も多いと思うんだけどね。。。。
硬直化して教科書を鵜呑みにしないと権威者にはなりにくく、資格も取れない制度だと思いませんか?
それに気がつかないのが問題点とも言える。

2015年6月12日金曜日

現代病の正体の一部

ある顧客に以下のデータを送りました。

「硝酸態窒素の問題点と解決方法」


俺は農業関係は全くの素人なのですが
そのやりとりを以下に示します。

送った人からの返信

今半分例の文章を読みました。明日、残りを◯◯さんと読みます。私たちは、実験的に除草を極力せず、肥料も糠などでやろうとしています。土地が痩せているためか、蝶々が素通りしていきます。美味しくないのかも。古竹を焼いた後の炭を捲いています。商品価値はなくとも、安全なものを目指しています。
たぶん、この文章に近い感覚かな?

返信以上

俺からの返信
わかりにくい場所は一部追加をしています。

学問的とまで言えなくとも、現在の私の思想は自然回帰志向とも言えるものが命題になっています。
前回、紹介したデータと関連するページをあちこちめぐり、自然を壊して、捻じ曲げて来た結果が植物内に溜まる硝酸態窒素だったり
不自然に詰め込み飼育された家畜の病気の発生を防ぐために餌にホルモン剤や薬剤をいれたものが肉や卵としてある不自然さ。

蝶々の例はわかりませんが、人より昆虫は美味いものと安全なものを知っている。
雑穀類などを見ていると、美味いものから虫食いが発生していきます。
もし受粉をしてくれる昆虫が蝶だけだとするならば、何か問題があることは確からしい。
他の昆虫は受粉の手助けをしてくれませんか?
それで判断のしかたが変わると思います。

硝酸態窒素に関しては肥料のやり過ぎの結果硝酸態窒素が植物に残留し食物をまずくして、これは健康に害が及ぶ危険性を指摘しているサイトもあります。

農家関係ではそんな見方もできるのかな?

その他、やはり農業以外でも、今の日本人は当たり前と思っていても不自然なものが実は人に害を及ぼしていると感じます。

俺からの返信以上

実は水耕栽培を考えていて、昨日紹介したデータを見てしまい、日光不足+肥料過多で見た目はキレイだが硝酸態窒素の残留濃度が増えるって結論に行き着いてしまって考え方の見直しの必要に迫られました。

今回はたまたま硝酸態窒素に関してのやりとりから派生してさらに関連した話まで広げてみる。

今、注目しているのは以下の通リ

1.石油製品由来で食料に含まれている食品添加物。
2.あらゆる物に使われているフッ素化合物
3.あらゆる物に使われている界面活性剤

3.は以前紹介したアトピーやアレルギーの話で触れました。

この話に着目した理由は以前からアレルギーに関しての科学的?な説明だった。

アレルギー体質に対する科学者?の説明は以下の様なもの。

科学者?「アレルギーには個人差があります。アレルギーとは物質に体の免疫が過剰反応をした結果引き起こされる。
その反応を起こすまでの許容量は個人差があり、コップに水を注ぐとその容量を超えたらあふれる水、その水があふれた時にアレルギー反応を起こすのです。
結果として誰しも無限のコップを持っていないので突然水が溢れ出すことがあるので、アレルギーは誰しも突然発症するのです。」

という説明だった。

俺はその説明を一旦は受け入れたんだが、「なにかへん!」・・・・
その「何か」がよく判っていなくてそのまま過ごしてきた。
幸い俺の家庭は今までアレルギー体質だったのは妹だけだった。

しかし、その後、父がやはり自分の抗体が自分の皮膚を攻撃し始める病気になり、一時期、酷い皮膚症状を呈した。
そこでもらった薬剤は一度飲み始めたら一生飲み続けなければいけない薬。その副作用としてあげられるのが免疫の低下。
**阻害(そがい)薬ってのは概ね病気を見た目だけ修復するがそれ以外の本来持っている能力を阻害するものなのである。

その父も亡くなってしまったが、その薬がイケナイのかどうかまでは不確かであるが、肺に水がたまったことによる死因である。
急な坂道を転がり落ちるように簡単に亡くなった。

次に問題が起きたのは母で胸にアレルギーに依ると思われる(医師が言った)赤斑が出たこと。
医師からは免疫抑制する薬が処方された。しばらくして良くなったように見えたが、また再発。

以前のBlogで触れた通リ、ここでハタ!と気がついて現在は風呂も食重炭酸だけにして、界面活性剤を極力さけて現在、様子見をしている。
シャンプーもダメ。リンスもなし。洗濯も界面活性剤を極力避ける方法に切り替えた。

まぁ女性には却下されやすいのが化粧品。これには参ったねw
「ちふれ化粧品」で妥協して、それでもダメなら自作をしてくれと話をしてある。

もし、身内にそれで苦しんでいる人は各自で調べて見てください。あらゆる所で界面活性剤は使われているよ。

さて少し話を戻すがなぜコップの説明に俺が釈然としないものを覚えたのかの話に戻る。

大昔からアレルギーは存在したのか?
現代病ってどんな病気?現代病はなぜ起きる?
コップに大小があるとすればその大小を決めるのはなんだろう?ただの遺伝か?

これはどこで聞いたのか覚えてないんだが、こういうことも聞いた。
「体の一番弱い場所に病気は出てくるんだよ。それがその人の健康度のアラーム代わりとなる」


そこで俺の犯人探しが始まった結果1.2.3.のような犯人らしきものが浮かんできたわけ。
1.2.3.には関連してないが硝酸態窒素の話題も実は不自然さから出てくる話題であり、現代の農業や畜産業が抱える合理主義から出てくるものである。
再度、説明するなら、決められた場所に例えば牛舎が建設される。ぎゅうぎゅう詰めのウシはストレスも感じ、少なくとも健康的な運動は生育が遅れるので採算がわるい。
結果としてぎゅうぎゅう詰め状態で病気をしやすくなるため、最初から食物に混ぜて生育を促進するホルモン剤が入れられ、病気にならないと本来使われないはずの抗生物質が入っている。

農家もしかり!
除草剤をまくと手抜きが出来るし、無理やり肥料をまくと出荷時期が早くなる。
実がなる直前で肥料をまくと一部の実の生育が促進され大量出荷が可能となる。
その結果、生まれるのが硝酸態窒素を植物が消化できずに残ったものが出荷される。
その出荷物は見た目こそ良いものの味はイマイチ。それだけならまだしも、他の論文では生後まもなくの赤ん坊には有害である。

原因は硝酸態窒素による血液中のヘモグロビン(酸素を体に行き渡らせる役割)が硝酸態窒素と結合することによる酸素不足と言う。
怖いね。

プロの農家や畜産家は手を抜いてたくさんの出荷が出来れば楽をして儲かるわけ。
これは日本だけの問題ではなく先進国では割りと普通に行われる作業。

そこで我々に出来ることは・・・・となると限られてくる。
以前書いたかどうか不明なんだが、俺がそう問いかけられたときに答えられるのはひとつしかない。

あ・・・チェルノブイリの報告で書いてあったかもだが、一番やばそうなものを各人が選択して避ける。
その優先順位を各家庭や各人で決めて家庭内で無理のない範囲で避ける努力をすれば良いと考えている。

お手軽に食べたいものが食べられない?そうかもしれない。
食べたいものを食べて長生きが出来るならそれは幸せなことではある。

正しいライフスタイルなんぞ、各人で違うだろ?
それは他人に聞いてはダメなんだと思う。
自分でナットクした選択が良い。

最期に俺の陰謀論と間違われる話を
これらの話がTVや新聞で取り上げられないのはなんでだろう。
理由はTVや新聞の広告主がそんなものを使った製品を作って売っているから。

科学者も研究費がいるんだが、その研究費はそういう会社から出されていてその会社に不利益な研究は出来ない。
オトナの事情だね。

ほぼ原子力村の構造とも似ているのですよ~。


総統閣下は、「安保法制」審理にお怒りのようです。

1278.総統閣下は、「安保法制」審理にお怒りのようです。

https://www.youtube.com/watch?v=WSroOlr3KyQ&feature=youtu.be



素直におもろい!
船田氏の国会での顔写真がその低レベルな「何をいっていやがる・・・・やられた・・・・」感を正直に表していてもうこれは一人漫才レベルで笑えるんだが。

3人の憲法学者による違憲判断のハプニング - NHKは審議を中継せよ




まだしつこく、この審議を続けるらしいので平和を愛する人はまだまだ、安心するのは早い。

2015年6月10日水曜日

Update2015/06/10 17:00 更新

6/10 16:51
Flash Playerの更新 深刻な脆弱性を修正するためのバージョンです。
バージョン18.0.0.160

6/10 11:53

Chromeもバージョンアップされました。
内蔵するFlash Playerの更新が行われているという。

version
43.0.2357.81 m

6/10 5:08 時点でのお知らせ

現時点で、こちらの環境では多少、変な挙動をしたが問題ないと思われる。

WindowsUpdate 現時点での確認では9~22件のUpdateを確認


一部の修正プログラムのUpdateに失敗するか失敗したように見えるマシンがあった。
OSの種類はWindows8.1

しかし、再起動後のUpdateの確認でインストール可能

悪意のあるソフトウェアの削除ツールが異常に遅いことと、そのインストールの失敗例があるが、再起動後、再度のUpdateでインストール出来た。


悪意のあるソフトウェアの削除ツールが遅くなる理由を考える。

現時点では確かではないが、USBメモリーやドライブの抜き差しを多くするマシンでは遅くなる傾向なのかもしれない。
それから可能性が疑われるのがフロッピーディスクドライブを搭載したマシン。
最近、その手のマシンは減っているので問題は起きにくいかもしれない。

次回のUpdate前にUSBとフロッピーディスクドライブの使用履歴を削除してから試験しようかと考えている。

8.1では頻繁にUSBドライブを頻繁に使用する状況ではないのでこれは別問題と思われる。

試験OS種類

Win8.1  64
Win8.1  32
Windows7 64bit
Windows7 32bit
Vista  32bit

試験台数は以下のとおり

Win8.1    2

Win7      8

Vista     4



2015年6月9日火曜日

女性に頼ってみる。。。

前回のBlogを発信したところ、早速、善意のツッコミが参りまして。。。。。参りました。ぇw

そのツッコミの趣旨を簡略化すると・・・・・

野坂昭如は俺の本当に主張したいと思っていたこととは関係なく余分だったのでは?

若い世代では彼を知らない人も増えており、この動画だけ見たら余計な偏見を持たれそうだったのに、今回のBlogでは不適切では?ってツッコミでした。

ふむ!よくよく読むとそうとも見える。。。。。

こりゃ、よっぱの成せる技とも言えて。。。。。

アカンね~と思ってしまったので野坂昭如の場所は実際、今回俺の言いたいことの趣旨が違うと考えられるので見て見ぬフリをして欲しいと請い願う。 昔の天皇発言に聞こえるのはキノセイ!

ぇ!と自己ツッコミとも事故ツッコミとも思われる発言をして本題に入ります。




前回の続きで・・・俺の言いたいことは以下にある。

男の馬鹿さ加減を自認しつつ。

今の政府の暴走を止めることが出来るのは女性の発言力やネットワーク(俗な言葉で言えばママ友や井戸端会議)の力ではあるまいか?となんとなく感じていた。
このネットワークの力ってかなりあるらしく、それに期待してみたわけ。

男が主導権を握っている今の社会は間違いではないか?
女性の子供を守る、生まれながらにもった特性は女性にデレデレするバカ男(勿論俺も含む)に影響を及ぼす力を持っているのではないか?ってこと。

これはある時、突然、俺の発想が芽生えて、考えていたこと。

そこで無償の愛の力を持つ女性に頼ってみるのもアリではないか?と思った次第。

歴史を紐解くと江戸時代の大奥。異論はあれど、影の力として女性が存在したように感じる。

実は。。。。認めたくないが男は女性の操り人形になりかねないアホであるかもだな。と反省しきりな俺。





そこで、気を取り直し!
女性の皆様から女性目線での意見表明をお願いしたく思う。

男はつい、金にとらわれ、権力にとらわれ、浅知恵にこだわり、くだらない男としての見栄にこだわる。
そこを打破出来るのは賢い女性の出番ではないか?

女性の社会進出なんぞ、女性の発揮できる力から比べればくだらないと感じるのだ。

母性の発する力をなにとぞ、存分に発揮してもらい、現在のおかしな社会の仕組みを母親目線で女性目線で追求してほしい。

人間の半分は女性だ。
その力で女性が正しいと思う意見表明をお願いしたい。

世のバカ政治家だってほとんどが男でそれに対抗できるのは女性しかないのでは?
男社会に迎合している安倍内閣の女性閣僚もいるが。。。。。あれってそれこそ!女性としてオカシイってば!!!

そんなにまでして権力が欲しいのか?俺には疑問だらけな女性閣僚が数名ほど見受けられる。

金を稼ぐだけのやつに任せたから現在の世界のおかしな仕組みが出来上がったと俺には思える。
愛情、人、子供への無償の愛、これらは女性の力でもあるし女性しか持ち得ない特権でもあるし、偉大な力ではないかと思う。

ただ、俺から頼みと共に俺から目線なのでかなりアヤシイかも?な提言も申し添える。

遠い未来を考えてそこからの発想をして欲しい。
人はどうあるのが好ましいのか、女性目線での理想論をぶちまけて欲しい。

これが男女差なので非常に難しいとは思うがなんとかならんかね。。。。

と、ある人から言わせるとアナタ!マザーコンプレックスとちゃうん?と言われても打つ手が無さそうなので女性の皆様にお頼み申し上げ候。

男もちょっとばかり頑張ってみるから、(ちょっとしかがんばらんのかい!と自己ツッコミ)世の中のおかしなところを発見次第、追求の声を内々でも良いので思うことをしっかり!発言よろしくお願い致します。

こういう男女共同参画ならばんばん!いこうぜい!

なんて、だらしねぇーー俺かw

ついでに、こんな記事も御覧ください。

「あなたの子供が戦争で死ぬ」ついに女性週刊誌までが安倍政権と安保法を批判し始めた!

2015年6月6日土曜日

男女同権くそくらえ!!!

初めに相当、低レベルな話をしてみたい。

俺はあるテキストを作った。
その頃の俺は視力も普通で、これなら大丈夫と考えて印刷をした。
ところが、高年齢の人が「老眼で見えません」と反応した。

その頃は視力もマトモだった俺はなんとなく・・・・見えないんだな。
じゃぁどうしよう。。。。。。と考えてルーペと老眼鏡を用意した。

そのうちに俺自身が老眼鏡が必要になってきて、改めてテキストを見たら・・・・
うーーーーーーーーーーん!確かにその通り!!!
文字が細かすぎーー。。。。

ってことに気がついた。
俺ってあほだろw

そういう俺の想像力の足りなさを実感した実話です。

他の人がここまでアホなのかはわからないが、他人の痛みとか他人の感覚とか全てを自己の基準で考えることの危うさを最近になってつくづく!感じる鈍感さを持った俺。。。。

前置きはこんなところで本題に。



男の権力闘争と喧嘩好きに明け暮れる男共へ
男は知能で考える。(これ、大きな勘違いなんだが)

女性は我が子への愛と子宮で考える。(これもある意味盲目すぎる)

これには異論はあるだろう。
フェミニストは反論するだろが俺は真実だと考える。

そもそも男女の差異は間違いなく、ある!。

俺は男女差別反対!とかいう薄っぺらい議論はするつもりも価値観も持ちあわせてない。

男はエライのか?
女は男に出来ない子供を生むことが出来るからエライのか?

どちらも間違いだろう。

男女ペアで子供を作り始めて大人になれる。
生物のほとんどはお互いを必要としていて、そのペア無しには子孫を残せない事実。

ただ、生まれながらにして子供を授かることの出来ない夫婦を揶揄するつもりはないぞ。
そういうご夫婦には辛い言葉だと思いつつ、でも言いたい。

こういう話は平等と悪平等の話にもつながるし、正義とは?正しいとは?という話にも関連してくる。


何故に悪平等が大きな文字なのかはそのうち、話をしたい。

優しさと、正しい厳しさ、正しい人とはという話とも関連性が出てくる。

この話をするといくらでもネタが出てくるのを避けつつ俺はそういう考え方が正しいだろうと思っている、

特に最近、男目線で女性は男にない能力を持っていると感じることが多々あり、(それまでは俺もタダのバカ男だったみたい。。。。)考え方の一部を根本的に見なおさなければアカンと思うように今更だが考えなおすことになった。

なのでこんなアホな話をしてみているわけ。

男が必要とされる場面や優れたところはどういった場面だろう。
女性が必要とされる場面や優れたところはどういった場面だろう。

各人が考えてみるものもいいのではないかな?

どっちも不可欠で必要な場所があり、その綱引きもそのバランスも必要で、俺が思うにどっちも正しくない場所がある。

現時点での俺の考えはそうなる。(未だにこれが正しいと思える自信が無いw)

お互いに足りないところを補いあえる関係を構築するってことは非常に難しいだろうね。
でも、その努力の先に得られるものがあると信じている。

俺の結論はこうなる。

男も必要
男には女の真似が出来ない。
男にしか出来ないことがある。

女性も必要
女には男の真似は出来ない。
女しか出来ないことがある。

イカサマフェミニストから突撃メールなんぞ来るかな?
ウーマンリブ(今はこう言わないのかな)論者から文句が来るかな?

実は野坂昭如のこの唄の深さが若かった俺には理解できるようで出来ていなかったことも告白しつつ紹介いたします。

男女の目線の差が有用でもあるんだ。

俺のBlogにケチを付ける前に関連しているのでこっちも参照よろしく。


ここからはちょいと脱線してみますYO。

んでー、男と女の間には♪という唄がある。
男女の差について、この唄はある程度の真実を含んでいると思われる。

黒の舟唄




歌詞を見たい方はこちら

本当の優しさはどこにあり、厳しさが必要なこともあり、愛も必要であり。。。。。イロイロと考えさせる唄であります。

でもアホな俺はその差異を超えたものがあるにチガイないと日夜??(言いすぎだろw)模索しておりまする。

若い方には理解出来ないだろうが無駄にはならないと思うので敢えて紹介してみた次第。


オマケに以下の動画も



俺が何を言いたいか推測してみて欲しいな~。
実はこのBlogの内容自体が前振りなんだけれど~といいつつ次回に続く。

ITの光と影

年金機構 業務委託で違法派遣

上記urlより転載

 日本共産党の堀内照文議員は3日の衆院厚生労働委員会で、日本年金機構の個人情報流出問題に関して、同機構が委託した年金データ入力業務で違法派遣が行われていた実態を示し、個人情報を扱う業務の外部委託はやめるべきだと主張しました。塩崎恭久厚労相は、業務委託について「調べていきたい」と答えました。
 堀内氏は、同機構から年金データ入力業務を請け負った会社が、労働者派遣法に基づく許可・届出のない別会社に社員を派遣させて、業務に従事させていたことを指摘。この派遣会社の住所に実体はなく、従業員に給与も支払わないなど、個人情報をまともに扱える事業者に委託されていないとただしました。
 日本年金機構の水島藤一郎理事長は「(作業スタッフが)派遣であったとは把握していなかった」と述べ、外部委託した業務の実態をつかんでいなかったことを認めました。
 堀内氏は、社会保険庁を解体・分割し、大切な個人情報を扱う体制になっていないと批判。「不正常な状態を見抜けない。業務委託のあり方そのものに無理がある」と述べ、外部委託を中止するよう求めました。
 堀内氏は、「今回の問題でマイナンバー(共通番号制度)の危険性が改めて浮き彫りになった」として、「ひとたび流出したら、致命的な被害になる。それを回避するにはリスク分散をするしかない」と強調。審議中の番号制度の対象拡大法案は廃案にして、原因究明や再発防止策が定まるまでは、10月からの番号通知や来年1月からの利用開始は見送るべきだと強調しました。

転載以上

前回のBlogの指摘が・・・・俺の予想を超えた・・・・・

既にそうなっていたのか・・・・・

日本の劣化は現実の物になっていたのか。。。。。。。。。


って報道もあるがIT最先端の米国で???
疑い深い俺は中国って犯人説も疑ってしまうけれど、この話が真実だとしても、ヤバイ。

アメリカのヤラセだとしてもヤバイ。

情報の一元化の光???(一元化の闇と光)を思う。

ハイテクを駆使しつつローテクも大事にしたほうが良いと思う今日このごろ。

2015年6月1日月曜日

セキュリティー問題から考えるマイナンバー

(2015/05/27)
納税者10万人の情報流出か=サイトに不正アクセス-米内国歳入庁


(2015/06/01)
日本年金機構にサイバー攻撃、ファイル共有サーバーから125万件の年金情報が流出


まぁ、賑やかなことで。。。
しかしアメリカより上を行くって素晴らしいことですな。(勿論、いやみだぞ)

そもそも、ホントに日本人ってお気楽な人が多いですね。

ほぼ全ての日本のTOPは金儲けだけはいそがしい。

そして、セキュリティー(IT分野はもちろん、原発リスク、自然災害リスク、戦争リスク、貿易リスク)は二の次三の次で大甘だね。

これって考え方が間違えているのではないのかと不思議でしかたない。
今回は日本年金機構のミスだが、これは氷山の一角と考えて良い。

東電だってサポート切れのOS使用がちら見して見えたし、その上なぜかフリーの音楽再生ソフトの使用も判ったり。
そんな管理で原発管理?どうみてもあり得ない状態だったことが、かいま見える。

そんなこんなで原発再稼働もする気まんまんで、政府は政府でこんな状況でマイナンバーやるんだとさ。

これでアンダー・コントロールになるのかね。到底信じられないことだと思いませんか?
因みに別件ですが。。。。俺もクレジットカードを使っているんだが、残高が不足するとなんと!外部委託された会社から電話が来た。
俺は始めて聞いた時、詐欺かと思ってしまった。
調べたらどうも詐欺ではなかったんだが、こんなデータまで外部委託するって。。。。
委託先の誰かさんが金に困ったりしたらそれも情報流出する窓口になりそうじゃないか?

使用OS自体がほぼ毎月セキュリティーリスクが発表されるOSです。
更にJavaやらFlashPlayerがデフォルトで入っていて、それらにも当然セキュリティーリスクがあって。。。。。

当然のことながら、そのリスクは掛け算してリスクを考えるべき代物。


よく勘違いする人が多いのでここで話をしておきますが、まずは下のリンクをご覧あれ。

ウイルス検出率ランキング


「99%以上あるーーーーー」とか喜んでいる人たちに告ぐ。

ってことは1%は検出が出来ないってことね。
ってことは1%のウィルスは簡単にそのシステムに入れるってことだよね。
もちろん新しく作られた未知のウィルスの検出率は更に低下する。

そして、特定の企業を対象にしたウィルスは特定の環境でしか動作しない設計もあったりして。
ウィルスによっては圧縮されていてそれを解くのにパスが必要だったりして検出不能なんてパターンもある。
そんなのは検出率なんぞ測るだけ無駄。

そういう事実を知っておく必要だけはある。
俺はウィルスチェックソフトを導入するなと言っているのではなく、導入しても限りがあることを伝えている。

そのリスクを知っていると知らないとではリスク管理に雲泥の差がでるだろうことは判るでしょ?
なので伝えているわけだ。

のほほんとした官僚にそのデータ管理??荷が重すぎやしないか?

そんなことを言うと、専門のセキュリティー会社に任せますと言い始めるかもだが。。。。

その専門のセキュリティー会社はその下請けに業務を任せたりしていて、その下請けに雇われている人材が人材派遣から派遣されていたりしていて。
ついでに実務を行う人の教育も必要でシステムをいくら進化させても人のやること人の気持ちで変わること。
如何に難しいかは事件、事故が起こってからでないと対応できない想像力の不足。

俺の妄想かな?
似たようなことがどこかの電力会社で行われていなかったっけか?
だからそんな危険なマイナンバーはやめましょうよ~。

と皮肉たっぷりに日本の信用崩壊を感じてしまう俺からの提言でした。